〜 blancのひとりごと

Pleasant days〜自由に、軽やかに〜

楽しい1日を過ごすために、自分の心地よいを大切にする暮らしを・・・

【健康】健やかな生活のために気をつけていること

 

 

 
昨晩はいつもより涼しく、過ごしやすかった。
 
フルに働いた後の移動が身体にこたえる。
先日久しぶりにヨガに行ったが、朝7時半から夜8時まで働いた後のヨガはフラフラで、先生の言葉もあまり入ってこなくて、ポーズもだいぶサボってしまった。
 

 

でも、それでいい。
ヨガの先生は、
・呼吸を大切に
・人と比べない
・ポーズができなくても無理しなくていい
とおっしゃられる。
 
素直に受け止めて、無理は極力しないことに決めた。
 
最近周りに健康を損ねる人が多い。
 
病は「生活を改める気づきを与えてくれているのだ」と思い、自身も改めて生活を見直そうと思い始めた。
 
大学卒業後ずっと働いており、仕事中心のまま人生を終えるのもつまらない。
 
楽しく豊かな老後に一番必要なのは、健康。そして愛とお金。
何事も健康がないと始まらない。
 
忙しいけれど、仕事があるということはありがたい。
のんびりしたい反面、仕事に没頭している間は、Sの死から離れることが出来るから。
 
Sと楽しむ老後は叶わなくなったけれども、どんな老後であれ、健康でなかったら楽しさは半減する。
 
そんな訳で改めて生活を見直そうと思った。
 
まず、食生活。
 
1つ目は断糖。正確には減糖。
自宅にずっといたら断糖は可能。
ほぼ摂取していないと思う。
 
でも外にいると難しい。
キチキチやるとストレスになるので、適当に。
仕事中、たまにヤクルトさんからコーヒーを買うことがある。
それを止めるとか、コンビニで買うコーヒーを止めるとか。
働いていると糖分が欲しくなるのだろうか。仕事中に口に入れる自然な甘いものを常備するか検討中。
 
2つ目は減塩。
塩分は今までも意識していたが昨年まで減っていた塩分摂取量が今年また上がった。
 
自宅で塩を使うことは、ほぼない。
やはり、外食のせいだろう。
また加工品は味が濃いので自宅でも今まで以上に使わないように今一度注意することにした。
 
もともと薄味なので、苦にはならないがデメリットは外の食事が苦痛になってくることだろうか。
週末、自炊だけで過ごした後、平日ランチで外食になると味が濃くて辛い。
食べたいものがなくなってくる。
 
理想の食生活をするのが今の日本は困難なのだと実感する。
なぜあんなに味が濃いのだろうか。
素材の味を生かしたお店がもっとあったらいいのにと思う。
 
3つ目は、精製された食品を避けること。
胚芽米や全粒粉のものを選んでいる。
玄米も好きだが、今のライフスタイルだとなかなかできないので出来る範囲で、全廃する!と完全を目指さず神経質にならずに取り入れている。
 
この生活を徹底すると、美肌になる。
実家の母が取り入れたら、ほんの数週間で肌がツヤツヤして、シミも薄くなっていた。
私も外食しない週末は肌がきれいな気がする。
腸内環境を整えることが、美肌への近道なのだと思う。
 
私達は、食べたものでできていることを実感する。
 
次は衣類。
肌に触れるものは、天然素材にする。
これはもうかなり昔から実践していること。
下着、インナー、部屋着、靴下などはすべてシルクかオーガニックコットン
仕事着でその上に着るものはなかなか天然素材にはできないので例外。
シルクは毒出しに適している。
汗をかいてもベタベタしないでサラリとして気持ちいい。冬は暖かい。
 
そして、あとは半身浴。
身体を冷やさない。
最近サボりがちだった。
ちゃんと温まろう。
生姜紅茶を持ち込んで好きな本を読みながら長々入る。
サラサラした汗が出てきたら毒出し完了。
特に首回りから、汗が出てくる。
長く入る時は水分の持ち込みを忘れずに。
 
仕事は、苦手な職種だけれどその中でも自分が好きなことを見つけてそれをしよう、と意識したらいい感じになってきたと感じる。
この本を読んで、やってみようと思ったのだ。
好きなことだけやってみる。
それで事態が良いサイクルで循環すればストレスも減る。
 
プライベートもやってみたいことをどんどん行動する。
ストレスをうまく発散して、こまめに解消することも健やかな精神状態には重要だと思う。
 
そんな風に日々少しずつ健康を意識して、心身を労ろうと思っている。
 
今年度は働き過ぎ。
少しコントロールしないといけないと思っている。

 

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村