〜 blancのひとりごと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【お便り】アナログと言われてもハガキを書くのが好きです。(陸別の郵便局でハガキを出したら・・・とっても素敵だった!)

 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

過去に比べて、絵葉書と切手を買うことはとても減りました。

でも今回の旅と帰省では結構買ってしまいました。

 

 

お便りをする相手がいます

 

私がついつい、絵葉書や切手を買ってしまう理由。

それはお便りを出したい人達がいるからです。

 

 

友人と家族です。

 

ハガキ1枚といえども、積み重なれば場所をとります。

最近はハガキをもらうこともないと、私のハガキの為に場所が必要になってしまうかもしれません。

 

「適度なタイミングで手放してね」と、ことあるごとに伝えています。

 

私がお便りしたいと思って、投函したハガキ。

最終的には、いつかは不要物になってしまうと思う。

 

だから「適度なタイミングで手放してね」

言わなくてもいいことかもしれないけれど、相手もそのほうが楽だと思うから。

 

ただ母は、私のハガキをきちんとファイルしてくれていて、たまに一緒に読み返しています。

その時の記憶がよみがえり、とても楽しい時間。

これは親子だからできることかもしれません。

 

時間と絵心があれば・・・

 

おふみさん(ミニマリスト日和)のようにイラストを描くことができれば、ささっと旅先で書いて出すのが理想。

 

時間ができたらしてみたいことに、「絵を描く」があります。

 

でもそんな時間も技術も今はないので、ハガキは現地調達。

 

 

ハガキを出すタイミング

 

旅先のハガキの場合は、旅先で書いて出すことが多いです。

その場所の消印というのも楽しい。

宗谷岬」からは、友達に私宛に出してもらい、 私は両親に出しました。

 

今回はまず・・・

 

六花の森で絵葉書を購入し、カフェでしたためる

 

写真のタイプは、父と友人と母の友人に。

f:id:nuage_blanc:20170506123935j:plain

こちらは母に。水芭蕉もたくさん咲いていました。

f:id:nuage_blanc:20170506123943j:plain

 

時間がなかったので、六花の森のカフェでささっと

 

ハガキはカフェの中にある売店で購入。

いろいろ欲しかったけれど我慢して、出す人の分だけ購入しました。

f:id:nuage_blanc:20170430140821j:plain

f:id:nuage_blanc:20170430141321j:plain

 

ボールペンをお借りして書きました。

(連日ホテルに帰ると食事と温泉でバタンキュー。だからこの日の昼間に・・・と思って。それが結果的によかったです。)

 

旅先でのハガキは、あまりごちゃごちゃ書きません。

裏面の風景や絵が雰囲気を伝えてくれます。

また両親や年配の方は字が小さいと読みにくいと思うので、簡単な文章で大きめな文字でさらっと書いています。

 

日付は入れています。

スペースがないので、差出人は名前だけ。

(戻ってこないように、宛先は間違えないように注意を払っています。) 

 

投函は、陸別(りくべつ)の郵便局で・・・

 

コンビニなどで売っている普通の切手ではなく、素敵な切手で送りたかったので、郵便局に行こうと思いました。

 

帯広でもよかったのですが、次の目的地にも急ぎたいし(北海道は広いから)・・・ということで六花の森をあとにしました。

 

途中、足寄(あしょろ)を通過し、(松山千春さんの故郷)、いつもはここの道の駅で休憩になることが多いのですが、今回は何となくスルー。

(足寄の道の駅は比較的大きいのです。)

 

次の陸別(りくべつ)で休憩することにしました。

ちょうど、陸別の道の駅の近くに郵便局があったので、立ち寄りました。

 

そこで窓口の方から「風景スタンプ押しますか?」と聞かれました。

(その時点でどんなものか私は見ていません。)

さらに、そんなスタンプが陸別にあるのを知らなかったので、字配りとか宛先の配分は自然体。

書かれた文面を見て、郵便局の職員さんは、「押せないかも・・・・」と。

(字が隠れて、届かないかもとおっしゃるのです。)

 

でも。私は確信がありました。

日本郵便ってものすごく優秀です。

多分字がつぶれても私の実家には届く自信がありました。

しかも万が一届かなくても、何の影響のないので「押してください」とお願いしました。

陸別の郵便局の人は非常に不安そうでしたが・・・お願いしてよかったです。

 

こんなに素敵な風景スタンプ!

天文台がある陸別

日本で唯一オーロラが観測された場所でもあります。

 

f:id:nuage_blanc:20170506123731j:plain

 

素敵。。。

次回は自分にもハガキを出そうと思いました。

 

 

ちなみに陸別は、本当に星の街だと思います。

天文台も何回行っても楽しいです。

www.rikubetsu.jp

 

土星の輪を見たり、天の川を見たり、星座もたくさん見えます。

星好きの私にはたまらない場所です。

また必ず行きたいと思います。

 

 

根津美術館のハガキも出しました

 

今回会えなかった友達に、美術館で買ったハガキを出しました。

仕事や諸事情でおそらくお疲れの彼女に・・・

「頑張りすぎないで」「身体を大切に」「また会おうね」

の3つが要点です。

 

実家の隣町に住む彼女。すぐに届くと思います。

 

 

というわけで、今回結構ハガキも切手も買いました。

切手もシート買いで何種類か買ったのですが、52円と82円だったのでちょっと買う時期としては失敗です。

(6月から郵便料金改定ですもんね・・・)

 

ハガキが52円⇒62円

よって当然出す時も62円。10円切手買い足さないといけません。

(ちょっと面倒・・・)

 

 

旅先からの便りは、時間差でもう一度楽しむことができます

5月1日に遠い北の大地の陸別町で出したハガキ。

5月6日に届きました。

 

もう一度北の大地を思い出し、旅の話に花が咲きました。

友達からもラインでお礼が来て、母の友達からは電話がかかってきました。

やっぱり「風景スタンプ」は珍しかったみたいです。

 

自分が旅できない場所も感じ取るできる絵ハガキは、写真とは違った雰囲気を運んできます。

以前は、自分が撮った写真でハガキを作って出していたのですが、今そのゆとりがありません。

また時間をみて、そういうお便りも復活したいと思っています。

 

 

皆さんは日常でハガキを書くことはありますか?

  

 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス