〜 blancのひとりごと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【呟】「何にもしたくない」がしたいこと〜只今いろいろ消化中〜


 

 

ずっと忙しかったけれどあまり「忙しい」ことにフォーカスしたくなかったです。

年がら年中何かと忙しいので「ホッとする」期間が正直ありません。

f:id:nuage_blanc:20161210092506j:plain

 

 

 

ブログではあまりそういうことを書きたくなかったのですが、出てしまったんですよね。

そういう雰囲気のせいでツイッターでも「最近忙しいんですね」というツイートを頂き、反省。

 

愚痴や後ろ向きなことは「文章」や「何かの形」にすると余計自分にインプットしてしまいそうで嫌なので早く消化して元に戻そうと思います。

 

 

[:contents]

 

ただ今いろいろ消化中・・・

 

時間が足りないだけでなく他にも多々思うことがあって、その処理に時間がかかっています。

 

いつもなら「考えないようにして」やり過ごすことが、今回はできていません。

 

仕事中は仕事に専念してものすごい勢いで処理していますが・・・有限な時間の使い方が人によって様々・・・。

 

消化できないイライラ

 

・同じように仕事も与えられていても、自分と他人で「流れている時間のスピード」が違うことにイライラ。

 

・「責任感」に温度差を感じたり。

 

・「理解力のなさ」

読めば分かることを「分からない」と放置して、時間の経過を理由に「自分の責任の仕事」を他人にリバースしてきたり・・・。

 

・説明を読んで理解できないならば、「この仕事は無理!!」と言いたいのに言えないことにストレスを溜めたり・・・。

(さらに、そういう人を雇った人事にイライラしたり・・・)

 

・書いてあることが「それ以上でもそれ以下でもない」のに理解できず、ただ「不安の解消(「確認して大丈夫と言われた」という安心を得たい)」それだけの為に10分でいいから(片道1時間弱かかる場所まで)来て欲しいという人にイライラしたり。

そんな時間はない!あっても行きたくありません!

(同じくそれが分からないなら、その仕事向いてないというか無理・・・。と言いたいのに言えない。)

 

・自分より遅く来て早く帰っている人が「やるべきことをしていないのに」放置するマネージャーにもイライラしたり。(言える人、やれる人にしか言わなかったり、贔屓があるように思う。)

 

・その時期自分が出張でいないのが分かっているのに、「自分の仕事をせずに」出張前に長期休暇を取得した上、不在中の対応を周りに頼んで不在にしたり。(事前に段取りしてやっていけたはず。)

 

書き出すときりがありません。

が・・・こんなことが消化できずにいます。

 

ダイバーシティ(多様性)の受容は・・・

時に難しいと思います。

「働き方に対する考え方」は人ぞれぞれ。

その通りです。

 

でも会社が求める成果は多くなることはあっても減ることはありません。となれば、

 

「私は家を出てから帰宅までで12時間」と決めている人の溢れた仕事は一体誰が??

「子供がいるから早く帰ります」という事情の人の溢れた仕事は一体誰が??

「(36協定の関係で)これ以上残業できません」という人の溢れた仕事は一体誰が??

 

こんな壁があります。

 

結局、しわ寄せがくる「層」があるのです。

(私たち単身女性・・・)

 

 

時間だけ会社にいて溢れたらサポートしてもらえばいいと思っている人

 

子育て女性に対して思うことがあります。

 

子供は可愛いし、親と過ごす時間はたくさんあったほうがいい。

私は母が専業主婦だったので子供時代「寂しい」思いはしませんでした。

親(女性に限らず男性も)が子育てをしてちゃんと子供との時間を十分に持って、働くことも働かないことももっと自由に選択できるといいと思います。

 

ただ、「子育て女性」にも2種類いると思うのです。

①時短勤務で生産性を高めている人

②時間だけ会社にいて溢れたらサポートしてもらえばいいと思っている人

 

②の人と仕事をするのが正直嫌だなと思います。

(同じ時短勤務のパートさんより仕事の内容的に働いていないのが明らかなので・・・どうかと思うのです。)

 

今、私が消化できないのは②の人。

 

子供最優先でいい。

家庭最優先でいい。

ただ会社にいる時間だけはその分「ちゃんと」働いて欲しいだけなのです。

その人がいて、その分仕事が減ったと「オン」されても実際問題その人が完結できないので「1ミリ」も減っていないのです。むしろ指示を出すとか仕事は増えています。

(そしてそれはあまり周りには見えていない・・・)

 

優遇されているからこそ、ちゃんと責任を果たして欲しいと思うのです。

育児休暇明けでも、その前は「一人前」として働いていたはず。

「責任感」を取り戻して欲しい・・・。

 

でも「逃げ恥」のゆりちゃんではないですが、言い方を間違えれば「嫉妬」とか「僻み」と思われて、やりにくくなるので、「黙々と自分の量をこなし」「他人のサポートもして」という役割を果たざるを得ません。

 

この週末にしたいこと

 

分からない。

 

くたびれていると、したいことが分かりません。

「何にもしたくない」がしたいこと。

そんな気がします。

 

でもとりあえず休みがあるだけでもありがたいです。

仕事や勉強があっても「会社に行かないで済む」ということは着替えとか支度とかそういうことは省力化できるわけで・・・。

 

疲れて横になることもできます。

 

しなければならないこと

 

掃除

洗濯

食事作り

仕事

年賀状作成

 

しなくてはいけないことって「さ行」が多いですね。

 

何もしたくない

 

一日中寝ていたらどうなるのかしら・・・

とりあえず掃除と洗濯が終わったらベッドに戻って寝ようかしら。

 

と思いながらも、起きてしまったので、まずは家事をしてそれから考えます。

 

 

こういう記事、書いていて自分が嫌なのでそのうち削除すると思います。。。。

 


 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村