〜 blancのひとりごと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅雨時期の髪のお手入れ方法

other things


 

 

今週は白いスプレーバラが可愛らしい形だったので、買ってみました。

一輪切って一輪挿しへ。

やっぱり白い花はいいなと思います。 

 f:id:nuage_blanc:20160627204745j:image

最近梅雨でジメジメしています。

湿気で髪が広がるなんて、今までなかったのに、先日なぜか髪がふわっとした日がありました。

 

 

ちょっと調べてみると、水分のコントロールで回避できることが分かりました。

 

 

髪が広がるのは、水分のせい

髪が湿気を含んでしまうと広がるそうです。

ではなぜ湿気を含むかというと、傷んだところはキューティクルがはがれているので、その部分から空気中の水分が髪に入り込んで、結果髪が膨張してしまう。

 

髪の毛は湿気を吸収して膨らむと「コルテックス」というキューティクルの内側にある髪の毛を作っているタンパク質の結合が切り離されてしまい、そのタンパク質がずるとうねりの原因になるらしい。

 

私はうねりはないのですが、ふわっとしてしまったのが気になっていました。

 

そういえば、湿気が気になり、ぺたんとしないようにトリートメントをちゃんとしなかった日が多かったかも。

春から強くなった紫外線で傷み始めていたのかもしれません。

 

 トリートメントをきちんとして傷まないようにする

傷んだ髪は湿気を取り込みやすいので、きちんとお手入れをした方がよさそうです。

トリートメントは一定時間をおいて浸透させることも大事。

 

・髪の水分はよくきって

・毛先からつけて

・髪をマッサージするようにトリートメントを揉み込み

・一定時間おく

 

ちょっとつけてすぐ流してしまうと効果があまり期待できません。

 

この方法は美容師さんに伺いました。

特に髪をマッサージするように揉みこむことでシャンプーで乱れてしまったキューティクルの肌理が整うそうです。

 

 キューティクルを整えるにはしっかり乾かす

冬の間、乾かしすぎると傷むので注意していました。

ですが、この時期は「しっかり乾かす」ことが大事なようです。

生乾きのままだと、広がりやうねりの原因になります。

 

最後は冷風でキューティクルをしめてあげるのもポイント。

 

結局は、健康な髪が広がらない&うねらない

おそらくさほど傷んではいなかったのだと思います。

トリートメントをちゃんとして、しっかり乾かすことを意識したら、広がらずいつもの髪に戻りました。(ホッ)

結果的に手触りもサラサラに戻りました。

 

そんなに難しいことではないのですが、怠るとすぐ影響をうけてしまうんですね。

気をつけようと思いました。

 

ロクシタンから試供品が届いていて、気になりますが・・・

jp.loccitane.com

先日、シャンプーとトリートメントは購入済み。

頭皮ケア用のシャンプーがなくなったら検討したいと思います。

 

梅雨明けまでもう少し。

お手入れでジメジメを乗り切ろうと思います。

 

 
 
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村