〜 blancのひとりごと

ヘアケアは頭皮が大事・・・なのでコロナで美容院に行けなくてもセルフケア

 

 

 

 
コロナで帰省もできず、いつものサロンに行けない。

 

髪が伸びている

 

コロナでサロンに行けない。

 
だから、かなり伸びている髪。
 
髪の保湿力のこともあり、トリートメントをしないでシャンプーをするのを試している。
 
  1. 全く何もしない
  2. 乾かす前にアウトバストリートメントはつける
  3. どちらの場合も仕上げにヘアビューロンストレート

 

1番の場合は、フェイスタイムをした友達からは、いつもより少し乾いているように見えると言われた。

2番の場合は、変わらないと言われたので、トリートメントをしないならば、乾かす前に髪を保護するアウトバストリートメントを付けるのがいいのかもしれない。

 

髪の状態は良い

 

毎年花粉の時期だけは、荒れてしまうけれどその時期を過ぎてまた良い状態に戻っている。

 

私の中での良い状態は、

  • 髪がツルツルですべすべの手触り
  • ツヤがある
  • 髪が引っかからない
  • 毛先まで乾燥していない
  • 頭皮が重たくない

を目安にしている。

 

生活が髪に影響する

 

髪はケアをしたら戻るけれど、スタイリストさんによると3ヶ月前の自分の状態が髪に出るらしいので、髪の状態が(悪い方に)変わったと思ったら、3ヶ月前からの生活がどうだったか振り返るようにしている。

 

確かに納得できることも多い。

 

ちょっと抜け毛が多いかもと思うと、その前特に忙しくて睡眠不足が続いていたり、ちょっと傷んだかも?という気がすると夏で頭にたくさん紫外線を浴びていたり、原因らしきものに思い当たる。

 

当たり前と言えば当たり前だけれど生活は髪に出る。

 

それで本題。

 

ヘアケアは頭皮が重要

 

私は頭皮ケアが重要!と思っている。

髪を植物みたいに考えていて、頭皮は土。草の部分が髪。

 

植物を育てるときも、葉っぱにではなく、土に水や養分をあげるそんなイメージ。

 

髪の部分にいくらトリートメントをしても、頭皮が整っていないとそもそも良い髪が生えてこない。

カサカサした草が生えないように土台の土を準備しないといけない。

 

つまり頭皮の状態が髪を左右すると思っている。

 

頭皮が汚れて毛穴が詰まると、生える本数も減ってしまうから薄毛になるリスクもあるし、当然抜けやすくなる。

*抜け毛は気にすると、余計抜けるから気にしない方がいいらしい・・・。

 

だから頭皮が大事!

 

 

では本題のケア・・・。まずは洗い方・・・。

 

シャンプー前のブラッシングと予洗いとお湯の温度

 

シャンプー前のブラッシングをすることでおよそ80%の汚れは予洗いで落ちるそうだ。

だからシャンプー前にはブラッシングを心がけているがついつい忙しいと省略もしくはブラッシング自体が適当になりがち。

 

その場合でも予洗いはしっかりする。

事前にブラッシングをしておくと、抜け毛も減るし髪も洗いやすい。

 

あとお湯の温度が大事!

私は38〜39度にして、決して40度以上は使わない。

髪だけでなく肌も乾燥するし、熱いお湯は避けている。

 

次は頭皮・・・。

 

頭皮ケアアイテム

 

その時々で買えるけれど、一度仕事が忙しくてひどい生活をしていたとき髪が傷んだ。

切れ毛が多かったり、生えたばかりの髪が抜けていることに気づいた。

(毛先がハサミでカットした形状ではなく、細くなっている。つまり一度もカットされたことがない状態で抜けている。)

 

その時はいろいろ調べて、セサミオイルで頭皮ケアをした。

ビタミンEが豊富で、薄毛や抜け毛対策に効果が期待できる。

beauty.epark.jp

 

 

 

今はセサミオイルではなく、

を使っているけれど、ロクシタンの頭皮ケアシャンプーは手軽に頭皮がすっきりしたのでこれを併用するのが本当は楽。

今は使っていないけれど併用するなら「ロクシタンファイブハーブスフレッシュネスシャンプー」がいいかもしれない。

 

その時々の気分で使うアイテムは異なるけれど、要は基本的に頭皮ケアアイテムはいつも用意しているということだ。

 

気になった時にケアするので、頻度は特に決めていない。

 

シャンプー:頭皮を洗うイメージ

 

 

予洗いでしっかりと汚れを落としたら、髪を洗う。

正確には頭皮を洗う。

頭皮ケアをするときは前述のアイテムを使い、しないときはシャンプー。

 

この場合も、いきなりシャンプーを地肌にはつけず、一度手にとってあわ立ててから地肌にのせる。

当たり前だけれど爪は絶対に立てない。皮膚が傷ついてしまうから。

 

後頭部や頭頂部は洗うのが難しいけれど、とにかく頭皮を意識して洗う。

その時に頭皮の硬さもチェック。

硬いとよくないのでそういう点も確認している。

 

アロマトリートメントの方がおっしゃるには「考えてばかりいる」人は頭が重たいそうだ。

仕事に疲れたから行くこともあって「頭がずっしり重たい」と言われる。

 

頭を空にする時間は大事だ・・・。

 

話が逸れたけれど、とにかく髪より頭皮を洗う感じでシャンプーする。

予洗いをしておくと泡立ちもいいし、その泡で髪も自然に洗えるから髪はゴシゴシこすらない。

 

シャンプーブラシを使うのもいいかもしれない。

シャンプーブラシのおすすめ人気ランキング15選【頭皮のケアに!】 | mybest

 

 

 

トリートメント:毛先中心に揉み込む

 

トリートメントは毛先中心につける。全体につけると重たくなるから注意している。

つける時は、「揉み込む」ようにしてつける。

こうすることで、髪のきめが整うのと同時に洗髪で開いてしまったキューティクルを戻すことができるらしい。

 

キューティクルが開くと、きめが整わないし、そこから髪の水分が出て行ってしまって乾燥するのでここが大事なポイントな気がする。

 

同じ理由でタオルドライもゴシゴシしないことが大事だと思っている。

 

ドライヤーで乾かす

 

これも根元から熱風を当てて、頭皮をしっかり乾かす。

根元から乾かすと髪が跳ねないそうだ。 

 

乾かす前にはアウトバストリートメントを使っている。

ミストタイプと、クリームタイプ。

 

 

乾かしすぎに注意。

最後は冷風を当てると、髪が引き締まっていいらしい。

 

 

今から3ヶ月で髪は変わる

 

3ヶ月前の生活が髪に出るなら、今から3ヶ月ケアすれば状態は良くなるはず。

でもヘアケアだけでなく生活も髪に出るから、その辺も注意が必要・・・。

 

夏と冬ではケアも若干変わるが概ねこんなことを意識している。

 

とはいえ、やっぱり定期的にサロンは行きたい。

早く終わって・・・コロナ・・・。

 

 

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村