〜 blancのひとりごと

手帳は買わない、と決めたものの

 
丸善をうろうろして、買わずに帰るを何回か繰り返している。
 

 

 

 

手帳は買わないと決めたはずだった

 

先日、今年は手帳は買わないと決めたばかり。
毎年使いきれずに紙がもったいないと思ったから。
 
 
この数年、左側が週間のバーチカルで右側がフリーのタイプを買っていたが、現状ほぼ全くと言っていいほど使っていない。
 
 

スケジュールの二重管理ができなくなった

 

スケジュールをオンラインで入れないといけなくなってから、手帳との二重管理ができなくなった。
 
まず、予定の決め方にあるのだと思う。
 
最近アポイントが自分だけでなく、誰かと同行することが多い。
同行者の予定と取引先の予定、zoom利用の場合はさらに会議室の空きもオンラインで確認しながらのアポイントになる。
そうすると、オンライン上でスケジュールが確定。
 
ここで、手帳に書けばいいと思われるかもしれないのだが、その場で確定するよりは複数の候補日を仮で押さえ、調整後に確定することが多い。
複数人いるので、候補日も複数。
 
調整中の予定を手帳に書いて、最終的に決まった日を残して、調整中だった仮押さえの日を消すという作業は結構面倒。予定によっては3日、4日を押さえることも多い。鉛筆だと紙はよれるし、ボールペンだと気軽に消せない。(フリクションペンは使っていない。)
 
そんなこんなでスケジュールを手帳とオンラインで二重管理するのは、少なくとも私には億劫でできなくなった。
 
 

タスクの管理

 

タスクを全て手帳に記録し、終わると線を引いて抹消している人がいる。

 

見ていると、達成感を味わえていいなと思うけれど、どうしてもできない。

 

多分せっかちなのだと思う。

手帳に書きつける間に、その仕事をやってしまおうという気持ちが働く。

 

あと、どうしても脳内管理に走ってしまう。

タスクをそれを書き出して、脳から追い出したほうが脳の負荷を削減できると思うのだが、長年の週間がなかなか変えられない。

 
いろいろ書いたが、要は書くのが面倒というところが最大の理由なのだと思う。
 
 

私が管理したいこと

 

私が管理したいことを突き詰めてみた。

 

  • 仕事のスケジュール管理
オンラインでいいことにする。
iPhoneからも会社のスケジュールにアクセスできるから、出先で手帳がなくても確認できるし、オンラインが最新だから(知らないうちに他人から予定を入れられる!こともあるから)それが一番確実。
 
  • タスクの管理

これは書き留めたいが全部は無理。

プロジェクトものや、ミーティングで決まったやるべきこと、忘れたくないことを把握できる仕組みが欲しい。

今のシステムは破綻はしていないから書かなくてもなんとかなってはいるものの、万が一忘れた!みたいな事態は避けたい。

 

  • その他

仕事はスケジュールとタスク管理以外は今のところ思いつかない。

プライベートの予定や、やるべきことはたまに書き出したいが、会社の手帳と混同はしたくない。そこは分けたい。

 

 

私が管理したいこと〜まとめ

 

  • スケジュール管理
仕事とプライベートを分けたい。

仕事はオンライン管理でいい。

プライベートはものにより書き出したい。

 

  • タスク管理

細かいことは書かなくていい。

重要なこと、やるべきことを記録しておきたい。

 

 

スタディプランナー

 

昨年知ったスタディプランナー。

 

学生の勉強計画のノートだけれど、これを社会人も自分のやりたいことの管理に使っているらしい。

 

 

その時は、見た瞬間、私には無理!と思ってしまったけれど、今年試してみようかという気がしてきた。

 

よく見たら、日付がブランクなので私に向いてると思った。

 

手帳は1年だから書かないと中身が白いまま残り、また使えなかったと落ち込みそう。

スタディプランナーは日付は書き込み式だから、自分のペースで埋めていけばいい。

 

仕事はウィークリーで、プランナーはデイリーが良さそう。

 

どちらか片方から始めてみようかしら、と思いながら、もう少し考えよう。

 

 

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

日本ブログ村のランキングに参加しています。よろしかったら、応援よろしくお願いします♩ 

Pleasant days - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村