〜 blancのひとりごと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【漆】とうとう買ってしまった曲げわっぱ〜内側が漆なのが扱いやすいし美味しそう〜


 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

年末に実家に戻った時に、あり合わせを詰め込んだお弁当。 

 

お弁当箱としては底が浅くて、内側が朱塗りの曲げわっぱなのがお気に入りです。

f:id:nuage_blanc:20170408105521j:image

母が曲げわっぱ好きでいくつか所有しています。

私もその影響で曲げわっぱ好き。一つ譲ってもらって持っています。

 

ずっと欲しかった内側が漆の曲げわっぱ

 

この2年くらい、百貨店や普通のお店でも曲げわっぱを見つけると、「内側が漆のものがないか」必ずチェックしていましたがなかなかありませんでした。

 

希望は、上記と同じタイプでした。

でもなかなかない。

 

やはりある時に買わないとダメなんですね・・・。

 

ちなみに実家には、他にもこんな感じの漆塗りのものや(同じものではありませんが)、

 

 

こういうよく見るタイプのものなどがあります。

大館曲げわっぱ小判弁当(中)

大館曲げわっぱ小判弁当(中)

 

 

どれもそれぞれいいのですが、私のお気に入りは冒頭の内側が漆のもの。 

 

インターネット上で見つけました「内側が漆」の曲げわっぱ

 

友達に贈ったことがある「川連漆器」のお店でした。

 

n-taizo.com

 

中が赤い漆で、形は普通の曲げわっぱ(小判形)です。

 

上記のリンクは中サイズですが小サイズもあります。

 

丸型の2段もあります。

n-taizo.com

 

私の二段重ね曲げわっぱ

 

母から譲ってもらったものです。

 

上段が少し小さく、重ねられます。

f:id:nuage_blanc:20170408112017j:image

漆が厚く塗られているので、使った後も洗いやすいです。

 

漆塗り曲げわっぱの特徴

【選ばれる本漆刷毛塗り曲げわっぱ】曲げわっぱの特徴と使い方 - 木製食器・川連漆器のお店 根元泰蔵商店 「ねもとショップ」

こちらから抜粋しています。

 

・漆の天然の抗菌作用。料理が傷みにくく、味が変化せず、美味しく食べられる。

・プラスチックの商品とは違い、杉の温かみを感じられる。

・使えば使うほど漆塗りの部分が発色(深みのある色から鮮やかな色合いに変化)する為、経年変化を楽しむことができる。

・白木仕上げの曲げわっぱより、漆塗りの曲げわっぱは取り扱いが楽。

・電子レンジの使用できません。お弁当はアツアツで食べたい人には向かない。

 

レンジで温め可能のプラスチックお弁当箱<冷めても自然素材のお弁当箱、が私の基準

 

曲げわっぱの扱いの注意事項もサイトに記載があります。

 

【選ばれる本漆刷毛塗り曲げわっぱ】曲げわっぱの特徴と使い方 - 木製食器・川連漆器のお店 根元泰蔵商店 「ねもとショップ」

こちらから抜粋しています。


・柔らかい素材ので優しく扱うこと(手荒い扱いは破損の原因となる。)
・直火や電子レンジ・オーブン・食器乾燥機の使用はできない
・直射日光に長く当てたり、高温の場所に置く変形や破損の原因となる。
・使用後はお湯か水で汚れをよく洗い落とし、必ず乾いた布で水分を拭き取る。
特に白木の部分はカビが発生しやすいので、上向きで陰干しをしてよく乾かす必要あり。
・クレンザーやタワシ等は皮膜を傷つけるので、使用しないこと。

私の場合はあまり気にしなくても、上記のことはしないので大丈夫そうです。

 

レンジで温め可能のプラスチックお弁当箱<冷めても自然素材のお弁当箱、が私の基準です。

 

ということで買ってしまった・・・曲げわっぱ!(小判形中サイズ)

 

二段重ねと普通のと迷いに迷って、小判形の中サイズを買いました。

将来に向けての買い物かもしれません。

 

今はなかなかお弁当作りができていませんが、公園のピクニックやドライブの時に持参するなど使い道はいろいろ。

 

朝、お弁当を作って(昼は外食なので)夕飯にするという手もある・・・。

 

サイトで「残り5個」という表示でつい・・・買ってしまいました。

早く届かないかしら・・・とワクワクです。

 

内側が漆だと・・・汚れにくいし美味しそうに見えます

 

洗いやすいし、赤は美味しそうに見えます。

(これは色彩の問題で、ブルー系は食欲減退の色なのでダイエット向き。)

 

画像はサイトからお借りしました。やっぱり美味しそう!

f:id:nuage_blanc:20170408113611p:plain

 

プラスチックのお弁当箱は苦手です。

早く詰めてみたい。

 

今持っている濃いめの曲げわっぱも茶色がわずかに赤みを帯びていて、お気に入りですが、食材の色移りはやはり内側が朱塗りに軍配が上がると思います。

 

洋食器もいいけれど、日本のものもいい

 

どちらかに絞れないのが悩ましいです。

依然としてもう3年くらい買わずにいる漆のお椀。

山田平安堂さんの飯碗と汁椀が欲しくてずっと思案中です。

(先に友達にプレゼントしました。)

 

www.yamada-heiando.jp

 

こちらのお椀がペアで欲しいです。24,000円です。

 

値段の問題ではなく、お茶碗でお気に入りも既にあるので今のライフスタイルで増やすのがどうなのか・・・迷っています。

このお店はずっとあると思うので気長に待って、落ち着いたら買おうと思っています。

 

和食器ではないですがもう一皿追加で買おうと思っているのは、このオーバル型のお皿。(使い勝手がよくて重宝。)

 

 

やっぱり家にいる時間を増やして、料理とかそういうことをゆっくりやってみたいなあ。

今はせわしなく最低限の時間しかかけられていません。

 

「買って満足」パターンの買い物ですが、使う機会は必ずあるので楽しみです。

 

毎日お弁当作りをしていないのに買ってしまった曲げわっぱでした。

余裕があれば普通に夕食の時に詰めて食べてみようと思っています。

(=洗うお皿は減ります。)

 

毎日に作っていらっしゃる人へ個人的には熱くおすすめしたいものです。

 


 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村