〜 blancのひとりごと

パペリナ〜前から気になっていたリネンタオルを買う

 

 

 

 
今年はセントポーリアがとても元気で、花がみっちり咲いている。

f:id:nuage_blanc:20200605185620j:plain

 

かなりぎゅうぎゅうなのだが、枯れないので摘んでいない。

 

 

ラメ入りみたいにキラキラしてきれい。

f:id:nuage_blanc:20200605185638j:image

葉っぱを切り過ぎたがだいぶ復活してきた。

年中楽しませてくれる。

 

さて。

 

キッチンタオルを交換したくて、前から気になっていたリネンタオルを買ってみることにした。

 

 

どこのキッチンタオルを買うか

 

買おうと決めてから約1ヶ月。

結構いろいろ見て、

あたりが候補だったのだけれど、最終的にはスウェーデンパペリナを買ってみた。

 

第1候補はイギリスのティータオルでアルスターウィーバース。

ただ、

  • 気に入った柄がことごとく売り切れ
  • 100%リネン(今回はハーフリネンが良かった。)

なので今回は断念。

 

北欧柄は原色でポップすぎたり雰囲気で後回しにしていたけれど、パペリナは落ち着いた色味でハーフリネンだったので、買ってみることにした。

 

リネン100%でもいいけれど、なんとなくコットンとリネンのいいとこ取りをしたハーフリネンが欲しかった。

また次に100%リネンを買ってもいいかな。

 

パペリナ

 

パペリナは、1998年創業のスウェーデンのブランド。

実は、キッチンラグが有名で何回か購入しようか迷ったショップ。

 

オーガニックコットン50%とヨーロッパのリネン連盟が認めたMastars of Linen (マスターズ・オブ・リネン) 50%で作られているハーフリネンのシリーズを購入した。

 

検索してよく出てくるのが『FIA』というシリーズ。

 

北欧にありがちな(失礼)な丸いモチーフのデザイン。

他にも涙型デザインもあった。

 

でもなんとなく違う・・・と検索して、買ったのは、こちらのペールローズを3枚。

 

セットではなく単品を3枚買った。

 

手を拭くのに買ったが、お皿拭きにもいいなと思い、今思うと見分けるために1枚は違う色にすれば良かったかも。

 

キッチンアイテムに赤が多いので、白&赤か落ち着いたピンクが欲しかった。 

 

 

かなり地厚でしっかりめ

 

届いた写真はこちら。

f:id:nuage_blanc:20200605201457j:image

サイズは、46cm×66cm。

f:id:nuage_blanc:20200605201547j:image

 

手触りは、かなりかためでザラザラしている。

洗えばしなやかになるかしら。

 

今使っている布巾のうち、淡いピンクの布巾と並べてみた。

f:id:nuage_blanc:20200605202216j:image

 

もう気持ち、暗めのピンクかと思ったけれど意外と明るめだった。

まだバリバリでかたいので、早くなじませたい。

 

次回はやはりアルスターウィバース

 

別の用途でアルスターウィバースをそのうち買おうと思っている。

 

先月トローリーワゴンを買ったのだが、その上に傷避けのティータオルを敷きたい。

買ったのは、1960年代のイギリス家具だけれど、気に入って早速使っている。

(イギリスの家具のせいか結構大きく今の場所では仮置き。)

 

どう頑張っても自分が下の扉部分に映り込んでしまうのでサイトから画像をお借りした。

f:id:nuage_blanc:20200605211848p:plain

サイトからお借りした画像

 

材質は確かオーク。

マホガニーが良かったけれど、オークは丈夫で日常的に使うにはもってこい。

キャスターが付けられていて、簡単に動かせる。

 

この天板に傷避けの布が欲しいと思っている。

 

一番上にとりあえずチェックしたい郵便物や会社のバッグを置き、

二段目にパソコンやタブレットなどを置いている。

(使うときに机に移動。)

下の扉付きの所には、お絵かきグッズや今読んでいる読みかけの本やよく読む本を入れている。

同じ扉のデザインの本棚も買う予定。

 

 

 

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村