〜 blancのひとりごと

Pleasant days

自由に、気ままに、流れるように

【薄味】素材の味を楽しむシンプルなラタトゥイユ

 

 

 
先日、今日の料理でラタトゥイユの作り方を見た。
確か水を使わないレシピだったような・・・。
とてもシンプルでいいと思った。

 

週末、自分でラタトゥイユを作ってみようと思い立った。

実は初めて・・・。

 

というのも、実家の父のせいだ(と人のせいにしてはいけないが・・・)。

私の父は、野菜がくたっと柔らかくなるのが嫌いなのだ。

 

しゃぶしゃぶでもとにかく、野菜を引き上げるのがやたらと早い。

すき焼きのネキだって、「まだ固いのでは?」と思うくらいの状態でどんどん引き上げて食べてしまう。

(それなら、そのまま食べても同じでは???というくらい。)

 

私も気持ちは分かる。

だから鍋物はほとんどしない。

 

そんな訳で見た感じ野菜が柔らかなラタトゥイユ

私自身も、昔は手が出なかった。

 

それが初めてフランスのプロヴァンスラタトゥイユとキッシュを食べた時に「美味しい!!」と思ったのだ。

以来、私は食べる。(父は不明。)

今のところ、あれを超えるラタトゥイユには出会っていない。

 

そんな訳で自分で作ったことはなかった。

ズッキーニ(=うり)も好きではないし・・・わざわざ家で食べなくてもと思っていたのだ。

 

それがテレビで見てやってみようと思いつき、自宅にあるもので作ってみた。

 

<材料>

  • 玉ねぎ
  • なす
  • ベリートマト
  • しいたけ
  • 白ワイン(ドメーヌ・モスのシュナン・ブラン 2015)
  • オリーブオイル

以上。

 

<作り方>書くほどでもない。

  1. 材料を大きめの一口サイズに切る
  2. 鍋にオリーブオイルを入れ、野菜をしんなりするまで炒める
    (ここで適当に塩を入れる)
  3. 白ワインを適当(少し)に入れて15分蓋をして煮る
  4. 蓋を開けて再び白ワインを入れて10分煮詰める

以上。

煮込む際にローリエがあったら入れたかったが、切らしていた。残念!

 

使ったお鍋は、野菜を煮るのでル・クルーゼのマルミット22cm。

私の色はデューン

www.lecreuset.co.jp

 

出来上がったら粗熱をとって、冷蔵庫で冷やす。

食べるときにパルメザンチーズをふって、白ワインと一緒に食べたら非常に美味しかった。

 

見た目はトマトが少なく、ケチャップも入れてないので地味かつ美味しそうに見えないけれど、とても美味しかった。

f:id:nuage_blanc:20180721135039j:image

塩とワインだけで、こんなに野菜が美味しいのだと思うくらい私の口には合った。

しいたけのせいもあると思う。

 

また作るつもりだ。

f:id:nuage_blanc:20180721134647j:image

リーズナブルになのに、とても美味しかったドメーヌ・モスの白ワイン。

こちらもおすすめしたい。

 

*余談だが・・・ル・クルーゼは今セール中のようだ。

www.lecreuset.co.jp

 

 
 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村