〜 blancのひとりごと

Pleasant days

自由に、気ままに、流れるように

【許す】生産性の低い休日を許して思ったこと

 

 

 
先週末の私は、極めて生産性が低かった。 
こんな風にベッドにいる時間が多かったのは初めてかもしれない。
 
1日ゴロゴロすることを、無自覚に自分に許していなかったと思う。

 

夏が苦手。暑いから。
さらになんだかくたびれて、週末は何にもしたくなかった。
 
最低限の家事だけして、ゴロゴロ泣き暮らしていた。
日曜の夕方、罪悪感に襲われそうになった時ふと思った。
 
「平日働いてるからいいじゃない?」
 
毎日毎日フル稼働はもう無理。私にもオフは必要だ。
無意識に「昔の私」と比べていたと思う。
前は当たり前にできたことが、最近だんだんできなくなっている。
 
休みの日まで、アレコレ充実しなくていい。
 
来週も出かけることになっている。
 
再来週はまたダラダラしよう。したいんだから、すればいい。
怒る人もいない。
 
最近、母もどんどん歳をとって来たと感じる。
いつも元気だったのに、よく「疲れた」という。とても心配だ。
傍にいて、ちゃんとフォローをしてあげたい。
働き方を変えないといけないかもしれない。
 
私が歳を取るのと同じで家族も歳をとっているのだ。
 
一緒に暮らせなかった後悔は、Sのことで身にしみている。
後から後悔しても遅いのだ。
 
大学を出てから、ずっと仕事をして来た。
「定年まで働くこと」に何の疑問も持たずに走って来た。
それはそれでいいのだけれど、最近家族や友人との時間をもっと持ちたいと思うようになった。
 
仕事は大事だ。
でも私が地元に置いて来た楽しく幸せな時間も、とても大事なものだったのだ。
 
土日にダラダラして、いろんなことが頭を巡って・・・
そうするとこうして私の心の声が、平日仕事でどこかに追いやられている声が
聴こえてくる。
 
 
たまにゆっくりして、自分の声を聴くこと。
大事なことだと思う。
 
今、毎日が目まぐるしくて、自分の声を聴くゆとりがない人は・・・
ぐうたらな時間を許して、自分の声を探すことが大事なのかもしれない。
 
今更遅いのだが、今の私はもっと前にしておけばよかったと後悔している。

 

 
 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村