〜 blancのひとりごと

Pleasant days〜自由に、軽やかに〜

楽しい1日を過ごすために、自分の心地よいを大切にする暮らしを・・・

【塩】塩分との付き合い方〜パスタを茹でる時に塩は入れない〜

 

 

 
 以前こんな記事を書いた。
外食も多いので「塩分」を気にしている。
 
 

 

基本、薄味の私は外食は辛い。

それでも普通に生活をしている(極端なことはしたくない)ので、どうしても外のものを口にする機会は多い。

 

塩分を意識してから、毎年摂取量は減っているが今年はどうだろうか。

あまり健康的な生活をしていないので自信はない。

 

ちなみに過去3年の塩分は、以下の通り推移している。

  • 2015年 忘れたが平均以下
  • 2016年 6.80g
  • 2017年 5.56g

 

会社の健診では検査項目にはないので、オプションで検査している。

(尿検査で分かるのだ。検査には540円かかる。)

 

私の5.56gは、日本人目安の7gはクリアだが、WHOの推奨を少しオーバーしている。

 

あまり濃い味が好きではない私が5gちょっとなのだから日本人平均が9.8gはそうだろうなというのが正直な感想だ。

 

味覚は育った環境が大きいと思う。

両親には感謝している。

薄味にしていた母、素材のままシンプルな料理を好む父。

 

塩分はなくても困るが過剰だとやはり健子被害を生む。

だから私はもう何年も前から、パスタを茹でる時にも塩を入れない。

 

美味しさの点では断然塩を入れて茹でた方が美味しい。

味に一体感が出る。

入れないで茹でると、パスタ自体に塩気がないのでまとまりはない。

それでも私は、仕上げに気持ち入れるだけで茹でる時には入れていない。

 

ただし、例外がある。

人に出す時だ。

 

私の信条を他人には持ち込まない。

聞いてみて、多少今一つでも塩を減らしたいか否か、聞いて判断する。

 

反応はまちまちだし、同じ人でもその時で異なる。

 

  • 入れて欲しい
  • 最近塩を取りすぎているから今日は入れなくていい
  • どちらでもいい

いろいろだ。

 

 

 

 

f:id:nuage_blanc:20180325132207j:plain

筍とヤリイカのペペロンチーノ。今回も茹でる時に塩を入れなかった。



素材の美味しさを楽しめることは幸せだ。

先日茹でた筍とヤリイカでペペロンチーノを作った。

パスタを茹でる時に塩は入れなかった。

美味しさの点では入れた方が美味しい。

それでも、

  • にんにく
  • オリーブオイル
  • 鷹の爪
  • ヤリイカの味

で十分味は出ている。最後にほんの気持ち、塩をふった。

 

でもこれを人に出すのであれば、パスタを茹でるのに塩を入れると思う。

 

なんでもガッチガチにしたくない。

all-or-nothing ではない。

そういうバランス感覚は、Sが本当に優れていた。

時に、偏りがちな私をうまく導いてくれた。

本当に大事な人を失ってしまった・・・。

 

 

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村