〜 blancのひとりごと

Pleasant days〜自由に、軽やかに〜

楽しい1日を過ごすために、自分の心地よいを大切にする暮らしを・・・

【旬】春の旬を楽しむ〜筍を煮る〜

 

筍を見つけた。大きくて立派だった。

煮るのは面倒だから、実家に帰るまで待とうと思ったが 「今」食べたくなり、買ってしまった。

f:id:nuage_blanc:20180324151356j:image

 写真だと分かりにくいが、ル・クルーゼの24cm鍋が満杯でもきついくらい大きい。

 

実家で母が煮るのは見ていたが、1人で煮たことはなかった。

そもそも食べきれるか分からない・・・。

 

それでも今回は「食べたい」気持ちが面倒さに勝ったのだ。

 

筍の下処理は家にあるもので間に合った。

  • 筍(購入)
  • 鷹の爪(常備してある)
  • 米のとぎ汁(米を研いだ)
  • 鍋(大きくないと筍が入らない)

f:id:nuage_blanc:20180324151501j:image

 

筍は鍋に入れる前に、

  • 穂先を斜めに切り落とし
  • 縦に一本切れ目を入れる 

 この2つをして、鍋にイン!

f:id:nuage_blanc:20180324151405j:image

 

筍に水がかぶるくらい必要なので、このあと水を足した。 

f:id:nuage_blanc:20180324151417j:image

 

f:id:nuage_blanc:20180324152517j:image

 

沸騰してきたら、筍の大きさにより、1時間〜2時間ほど茹でる。

茹で上がったら一度冷まして、最初に入れた縦の切れ目から皮をむいて、姫皮をこそげ落とす。

その後、もう一度真水に筍を入れ、沸騰させて糠の臭みを取れば完成。

 

結構時間がかかる。

 

使った鍋は、ル・クルーゼのココットロンド24cm。

 

 

色は「デューン」。砂、砂丘といった意味がある。

真っ白でもオフホワイトでもない微妙な色が気に入っている。

 

大きかったので、90分茹でて様子を見て、まだ固めだったから合計2時間茹でた。

 

f:id:nuage_blanc:20180324173142j:image

 

 いつも皮を剥く時に、どこまで剥くんだろうと悩む。

今回も穂先はだいぶ小さくなってしまった・・・。剥き過ぎただろうか。

 

f:id:nuage_blanc:20180324174831j:image

イワキの耐熱ガラスにピッタリ。

4つ持っていて、今残りの2つには焼く前の秋刀魚が入っている。

 

手間はかかるがやはり自分で茹でると美味しい。

筍ご飯と、おみおつけにしたりして楽しみたい。

あっという間に無くなりそうだ。

 

Sは、筍の季節に出かける時、筍ご飯を持ってきてくれた。

母の筍ご飯も美味しいが、Sのお母様の筍ご飯も好きだった。

炊き込みご飯は作ってあげたことはあったが、筍ご飯を作ってあげたことはなかった・・・とセンチメンタルになった。

 

f:id:nuage_blanc:20180324202850j:image

 

京都の筍、1,080円。

でも水煮は美味しくない。自分で煮るのが美味しい。

 

火をかけっぱなしの2時間。

時間がある時にしかできないけれど、こういう時間も増やしたい。 

 

 

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村