〜 blancのひとりごと

Pleasant days

自由に、気ままに、流れるように

【モノ】ずっと欲しくて手に入れたル・クルーゼのシトラスジューサー

 

 

 
この間はようやく何もない土曜日を迎えた。
その前の2回分の週末はバタバタして何もできなかった。
 

 

 毎週土曜日は、1週間使ったステンレスボトルを洗浄している。

 

f:id:nuage_blanc:20180217184714j:image

 

この象印のピカボトルがスッキリ綺麗になって好き。

 

よく落ちる気がする。

なくなりそうになると、まとめて買っている。

近くに売っていないので、ネットで購入する。

 

とりあえずボトルを洗浄し、日常を少し取り戻した気になった。

 

 

 
そして、前から買おうと思いながら、先送りしているものがあった。
それは、レモン絞り器=シトラスジューサーだ。
 
はちみつレモン湯をよく作るので、ずっと前から欲しいと思っていたのだ。
でも、「これ」というものがなくて買っていなかった。
 
レンジで温めると絞りやすいというが、電子レンジが好きではない。
プラスティック製も嫌なので、ガラスか陶器にするつもりだった。
 
シトラスジューサーの上記おすすめ人気ランキングの2位の貝印はセラミック製でオーソドックスな形をしている。これでもいいかなと思ったがなんとなく違う気がした。
 
 
 

この貝印シトラスジューサーは、ランキング記事では、このように紹介されている。

見た目は、昔ながらの普通のレモン絞り器ですが、実は各所に工夫が凝らされたアイデア商品。レモンを絞るための山型の部分は深めのフォルムになっていて、他の製品とくらべると驚くほど果汁が絞れます。

底の部分にはシリコーンゴムのすべり止めがあり、固定しやすい取っ手付き。受け皿も果汁がたっぷり入れられる深型設計です。使う人のことを第一に考えた、計算されつくしたレモン絞り器。一度使ってみたら手放せなくなるかもしれませんね。 

 

機能は良さそうだし、白は好きだが、なんだか真っ白すぎてときめかない。

 

ときめいたり、ピンときたりするとすぐ買う一方、長く悩んでなかなか買わないものもある。

ベッドなど20年近く買わずに検討していた。リクライニングチェアーは未だ検討中である。

 

そんな訳でシトラスジューサーも、長い間欲しいものがなくて買っていなかった。

 

ル・クルーゼシトラスジューサーが欲しかったがインターネットサイトでは売り切れており買うことができないでいたのだ。

item.rakuten.co.jp

 

 

ふと、北海道の友達に話すと、「アウトレット」で見てくると言ってくれた。

結果は、なんとあった!

お店の人によれば、今まではなかったのに先週いきなり入ってきたらしい。

 

f:id:nuage_blanc:20180218152423p:plain

画像は、楽天のサイトからお借りしています



早速買って送ってもらうことにした。

色はチェリーレッドか、ソレイユが良かった。

レモンを絞るから、淡い黄色もいいなと思ったのだ。

でも、ソレイユはなかったそうで、チェリーレッドにしてもらった。

届くのが楽しみだ。早く使いたい。

f:id:nuage_blanc:20180218151712p:plain

画像は、楽天のサイトからお借りしています



 

バターケースも気になるがまだ悩むことにする。今は砥部焼を使っているが買い替えたいのだ。

 

本当はこれの色違いが欲しいが、もう廃盤らしい・・・。

 

友達がついでに、「鍋つかみも買ったよ」とのことで、それは嬉しい。

楽しみだ。

 

Sが旅立った日。

戻ってきてくれるなら、何にもいらない。

心からそう思った。

 

他にも何にもしたくない。

ほしくもない。

Sがいたから、楽しかったのだ。

 

そう思ったし、今ももし本当に戻ってきてくれるなら何もいらないと思う。

 

でも、「シトラスジューサーを買いたい」と思い、手に入れて嬉しく思っている私は、もう現実を生きていると思った。

 

思い出だけでは生きてはいけないのかもしれない。

 

会社にも行くし、ご飯も食べる。

欲しいものがあったら買う。行きたい場所ができたら、行く。

 

Sがいてくれたら、もっと楽しくても、いない生活、会いたくても会えないことにも慣れていかないといけない。

でも普通の日常も大切にしなくてはいけないのだ。

 

しかし、そう分かっていても、今はまだ悲しくて毎晩泣いている。

 

   

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村