〜 blancのひとりごと

Fully enjoy!Single Life〜シングルを謳歌する暮らし〜

シングルライフを謳歌する日常を綴っています

【自然】(当麻鍾乳洞)久しぶりに鍾乳洞へ&美瑛のランチと丘

 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

丸瀬布をあとにして、札幌に戻るか、富良野経由で千歳に帰るか。

【叶】もう一度訪れたかった場所 - blancのひとりごと

 

旅はいつも気ままなので、マウレ山荘を出てからも未定。

とりあえず、お昼をどこで食べようか・・・。

 

とりあえず丸瀬布から美瑛方面に向かうことにして、美瑛のアスペルジュに行きました。

以前、北の大地に住んでいた時に行ったことがあります。

RESTAURANT ASPERGES

真狩村のマッカリーナの系列だったと思います。

 

ということで、美瑛方面に向かいました。

車を走らせていると、友達が「鍾乳洞見ていく?」

 

え??

こんなところに鍾乳洞があるの?

 

せっかくなので寄り道していくことにしました。

 

寄り道したのは、当麻。

この辺りです。

 

f:id:nuage_blanc:20170825112711j:image

 

当麻鍾乳洞

 

f:id:nuage_blanc:20170824150805j:image

 

昭和32年に発見され、昭和36年に北海道天然記念物にしていされた鍾乳洞。

全長135m。

今から1億5千年前から、長い長い時間をかけて地下水の溶触作用により出来上がった鍾乳洞で5つの部屋から成り立っています。

学術的に極めて重要な鍾乳洞だそうです。

 

見学料は大人500円。小中学生は300円。

冬季(10月下旬~4月下旬)は閉館です。

 

ちょっとだけ立ち寄るつもりが面白くて、しっかり見学してきました。

 

当麻鍾乳洞|北海道の洞窟・鍾乳洞

 

所要時間は20分とのことでしたが、じっくり見ていたらもうちょっとかかりました。

 

まるでインディ・ジョーンズの世界

 

 

中は通路があるので普通の靴でも問題ありません。

鍾乳洞内の気温は、8~10度くらいでした。

ひんやりと涼しい。

時折、ぽたぽたと水滴が落ちてきます。

 

中は5つの部屋が通路で区切られており、高低差がありました。

 

私は狭苦しいところが苦手なので、最初はちょっとドキドキしていましたがだんだんと慣れてきて、この不思議な世界に魅入ってしまいました。

 

以下洞窟内地図は、こちらからお借りしています。

 

後述の「マカロニ鍾乳石」は「女神の間」で結構見ることができました。

 

 

中は高低差があり階段もありましたが、手すりがあるので歩きやすかったです。

 f:id:nuage_blanc:20170824150852j:image

 

ナレーションのおかげで楽しめました

 

鍾乳洞の中ではガイドの音声が繰り返し流れているので、鍾乳洞の知識がなくても大丈夫。

 

鍾乳管

天井から同じ太さでパイプ状につらなるもの

(当麻鍾乳洞では「マカロニ鍾乳石」と言われていました。)

石筍 天井から落ちる水滴がたけのこのように高くなっていくもの
石柱 つららと石と石筍がつながったもの
カーテン 天井や壁からしたたる石灰水が薄い膜状になったもの

 

 

直径5ミリメートルほどで根本から先端まで直線状に伸びる鍾乳管(この鍾乳洞ではマカロニ鍾乳石と紹介されている)などが珍しいとのこと。

(つららみたいに細くならず、ずっと同じ太さなのです)

 

3cmの長さになるのに、なんと200年もかかるそうで気が遠くなるような時間。

 

f:id:nuage_blanc:20170824150825j:image

 

f:id:nuage_blanc:20170824150836j:image

 

 

 

ちなみに日本6大鍾乳洞は・・・

 

<日本三大洞窟>
龍泉洞(岩手県)

秋芳洞(山口県)

③竜河洞(高知県)

 

<日本六大洞窟>
④あぶくま洞(福島県)
球泉洞(熊本県)
⑥泉洞(沖縄県)

 

おそらくまだ一つも行ったことがないと思います。

ちょっと残念・・・。

 

とにかく突然行くことになった鍾乳洞ですが、楽しかったです!

 

通りすがることがあれば、行ってみてもいいと思います。

一般的な概念だと小学生の男の子などは喜びそうな場所だと思いました。

 

その後遅めのランチを美瑛にて

冒頭記載のアスペルジュです。

街中にありますが、アプローチは緑の小径になっています。短いアプローチではありますが、緑がきれいです。

f:id:nuage_blanc:20170825115439j:image

f:id:nuage_blanc:20170825115452j:image 

別の入り口もあります。

 

店内は白とグリーンを基調にビビッドな色合いが効いた明るい雰囲気。

 

f:id:nuage_blanc:20170825115746j:image

野菜が多めで嬉しかったです。

 

f:id:nuage_blanc:20170825113349j:image

メインの美瑛豚も美味しかったです。 アッサリで、ホッとしました。

お魚が食べたかったけれどお肉しかラインナップがなかったので豚をチョイス。

赤いペッパーが程よいアクセント。

f:id:nuage_blanc:20170825113650j:image

付け合わせはル・クルーゼのココットロンドで煮込んだ玉ねぎでした。

 f:id:nuage_blanc:20170825113701j:image 

奥の飲み物は友達のストロベリーのドリンク。美味しかった。

私はピノ・ノワールにしました。

 

デザートのハスカップのふわふわアイスが美味しかったです。

今回の旅はアイスが美味しい。

非常に巨大で驚きましたが、カサが多くても軽やかで完食できました。

f:id:nuage_blanc:20170825114017j:image

 

この後またふらふらとあてもなく、富良野方面へ。

 

ガチガチに決めなくて動けるのは車だからこそ。

だから、車大好き!なのです。

 

美瑛は丘の街。

通るだけでも素晴らしい風景が広がっています。

 f:id:nuage_blanc:20170825114543j:image

f:id:nuage_blanc:20170825114558j:image

当てのない一日は、当麻鍾乳洞〜美瑛アスペルジュでランチ〜美瑛のゼルブの丘、他〜富良野になりました。

 

夕飯は富良野だったのでまた別記事に。

 

 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス