〜 blancのひとりごと

Pleasant days

自由に、気ままに、流れるように

【想】否定しない。自分が一番分かっている。そこから前を向いて進みましょう。

 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

久しぶりに横浜に行きたくなって昔の写真を出してきました。

以前は週末に鎌倉と中華街!夜はみなとみらい!なんてできたんですが・・・。

みなとみらい、また行きたい・・・。 

f:id:nuage_blanc:20170627221307j:image

 

先日、クリアリストのヤドカリさんにお会いしました。

www.clear-list.com

 

ヤドカリさんにお会いするのは2回目。

持ち物の少なさに驚き、そのあたりのお話をもっと伺いたくて、お約束をしたのでした。

 

お昼に待ち合わせをして、お店に。

ヤドカリさんは、この名前とは全然異なるチャーミングな女性です。

当日は、白いさらっとしたTシャツにZARAのピンク系の花柄のロングスカートで可愛らしかったです。

 

話の糸口は忘れましたが、「ちょっと傷ついてるんです」

 

なぜそんな話になったのか・・・冒頭そんな言葉をヤドカリさんがつぶやきました。

 

ちょっと驚きましたが、私で良かったら話を伺おうと思いました。

詳細は冒頭のヤドカリさんの記事を読んで推測して下さい。

 

どんな時でも「傷ついてる」って辛いですよね。

 

ミニマリストの話を聞くのは今回はお預けにしました。

 

 

発した言葉はその通りになる

 

「言霊」って聞いたことがありますか?

私はよく言われていました。

 

 

言った通りなる、思ったことが実現する。そんなことです。

 

 中村天風先生の本はとても勉強になります。

中村 天風 日本経営合理化協会出版局 2001-12-01
売り上げランキング : 36987
by ヨメレバ

 

自分の言葉は、自己暗示になって、いいことも悪いこともそうなってしまう気がします。

 

そう。ヤドカリさんは、「素敵な人と出会えるし、お付き合いもできる、めちゃくちゃ大事にされる、でもいつも自分から自爆するこじらせ女子。恋愛下手」を連発していました。

 

この青い文字部分は実現したら困るんじゃない?

 

そう思ってお伝えしました。

 

 

否定しても始まらない・・・

 

ヤドカリさんに「(私は)否定しないんですね」と言われました。

 

否定しても、言われた本人はちっともハッピーではありません。

人をハッピーにしない言葉は私も発したくありません。

 

否定したところで、「すでにしてしまったことはやり直せません。」

 

それに悩んでいる時、

・本人もすでに解決方法が分かっていること

・解決方法が分かっていても、それができないから悩んでいること

って往往にしてあると思います。

 

それをわざわざ「傷に塩を塗り込むようなこと」をしなくていい。

そんな風に思っています。

 

自分が一番分かっている・・・(ことが多いです。)

 

話を聞いて、全部認めることから

 

だんだん自分の思考がほぐれてきて、自分で解決の道へ進めることって多いと思います。

 

思考をほぐすのには、紙に書き出すのもいいけれど、「人に話す」のもいいかなと思います。

 

一度自分自身の言動を容認してから、そこから新たに進める気がします。

 

愚痴ってもいい・・・

 

ヤドカリさんが「こんな話ばかりですみません。」とおっしゃいました。

 

ずっとじゃないし、そういう時もあっていいと思います。

人間、いつでも前向きで明るかったら疲れます。

 

太陽だって休む。太陽が休む間は月が頑張る。

でもその月だっていつも満月ではない。

 

輝き続ける太陽だってお休みはあるんだから、私も(あなたも)休んでいい。

雨の日だってあっていい。

 

晴れの日じゃない日も、雨の日だって、受け入れる。

そういう心持ちでいると自分とうまく付き合えると思っています。

 

どんなに辛くてもいつかは浮上する

 

悩んでいる人、迷っている人を前向きな言葉で後押ししたい。

そんな風に思います。

 

否定したり、批判したりは簡単。

 

時と場合によりますが、大丈夫そうな場合は応援します。

(落ち込みがひどい時は何もしません。そういう時って、前向きな言葉も重たいと思うから。)

 

これは自分自身に対しても同じです。

 

ヤドカリさんが元気が出てよかったなって記事を読んで思いました。

こういうお手伝いができるっていいですね。

 

もし、落ち込んでいる人がいたら、その人が楽になるように寄り添えたらと思いました。

 

どんなに落ち込んでも、いつかは底についてあとは浮上するだけ。

 

f:id:nuage_blanc:20170627221323j:image

その昔、北岳から見たご来光です。2008年の7月1日に登りました。

また行きたい山です。360度のパノラマが素晴らしい。

こんな風に朝は必ずやってくる。

今、もし辛い人がいたとしても、自分を責めないで、前に進めたらいいなと思います。

 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス