〜 blancのひとりごと

【声】体の声を聴いて、牛肉と赤ワインを摂取しました

 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

先週末はお茶席に行ってきました。

疲れてはいましたが、やっぱりお茶席は楽しくてリフレッシュできました。

 

無難なネイビーのワンピースで出かけてきました。

 

f:id:nuage_blanc:20170604160444j:image

 

 

同じショップのジャケットを合わせています。

同じシーズン(と行っても・・・相当昔)に買ったものなので、雰囲気があっています。

f:id:nuage_blanc:20170604160454j:image

 

お茶席では、肌の露出はNG。

長めの丈のワンピースにして、ノースリーブなのでジャケットを着て行きました。

 

お薄2杯のお席でしたので、お菓子はホタルとアジサイで今の季節にぴったり。

やっぱりお茶はいいなと思います。そのうちちゃんとお稽古も再開したい・・・。

 

そのお茶席の帰り・・・。

 

なぜか赤身のお肉が食べたくなり、そして赤ワインが飲みたくなりました。

普段、外でもお肉は何かと口に入りますので、基本自炊ではお肉を使いません。

 

私のタンパク質摂取は主に大豆とお魚(お刺身が多い)です。

 

菜食主義をしている訳でもないので、体の声に従うことにしました。

 

まず赤ワインを購入

 

自宅では、そんなに量は飲まないようにしているので量より質です。

 

家に赤ワインは何本かあったのですが、

ブルゴーニュ(=ピノ・ノワール

ポルトガルのもの

しか思い出せず、しかも1本開ける気分でもなくて、ハーフボトルを買うことにしました。

 

成城石井にあったのは、キャンティクラシコ(イタリア)やチリ産、あと若干のフランス産。

 

以前キャンティクラシコは買ったのですがその味が好みではなかったので、それより安いフランス産を買ってみました。(安かったので正直ドキドキです。)

 

あとでインターネットで調べてみたら、「成城石井で人気ナンバーワン。カベルネソーヴィニヨンとメルロー。減農薬栽培したブドウを使用しタンニンも程よく、飲み飽きしないのが人気の理由です。」とのことでした。 

 

 

by カエレバ

 

f:id:nuage_blanc:20170604153649j:image

 ぶどうはカベルネ・ソーヴィニヨンメルロー

ヴィンテージは2014。ミディアムボディ。

 

今回はアルクールで飲むことにしました。

色は落ち着いた深みのある赤です。

 

f:id:nuage_blanc:20170604153824j:image

 味は普通。

美味しい!って訳でもないけれど、まずくて如何にもこうにも飲めないという訳でもなく普通でした。

 

牛肉は150g 3種類購入

 

今回なぜか牛肉!と思ったのでお肉屋さんで脂が少ないのを聞いたらモモ肉を勧められました。

ヒレ肉もいいな、と見てみたのですが、ヒレはステーキで150gからしか売っていなかったので、モモ肉をいろいろ買ってみました。

一度に60gくらいが私の適量です。

 

・まずは牛もも肉3枚で59g。

(柿安の指定牧場の黒毛和牛で100g 880円でした。)

高いのか安いのか見当がつきません。(普段買わない故)

  

・これは1枚500円弱の秋田県産のお肉。1枚ずつ袋に入っていました。

1枚だけ購入。すき焼き用だと思います。

こう見えて私には十分な量でした。(3つ折りです。)

この外側の白い脂身にひるみましたが、脂っこくなくて大丈夫でした。

f:id:nuage_blanc:20170604153858j:image

 

もう1種類はまだ食べていません。

(上記4枚で十分だったので・・・)

 

お肉は滅多に買わないので、目利きができません。

 

 

牛肉はシンプルに、焼いて塩で食べました

 

焼いたらすぐに食べたいので写真がなくすみません。

ビタクラフトのフライパンでさっと焼いて、塩だけふっただけのシンプル料理。

(いや、料理とは言えないですね。)

 

お皿に、お肉だけどん!とのせて、あけておいた赤ワインと一緒に食べました。

上記4枚で赤ワイン2杯。

 

食べたかったのでペロリでしたが、またしばらくお肉はいいと思いました。

 

 

赤肉と加工肉の摂りすぎはがん発生リスクが高まる(らしい)

 

 

加工肉(ハムやベーコン)は体にあまり良くはなさそうです。

お肉も挽肉よりそのままがいいらしいです。

(そうはいっても私はシュウマイや餃子、ハンバーグなど挽肉も好きなのであまり神経質には考えていません。)

 

ただ多量摂取にはならないように意識はしています。

 

もともと魚の方が好きなので苦にはなりませんが、滅多にないのですが「お肉食べたい!」と思う時があるので、そんな時は体の声を聴くようにしています。

 

食べたら気が済みました。

 

焼くのに使ったのはビタクラフトのフライパン

 

焼き終わりはだいたい焦げつきます。

そんな焦げを取るのは簡単!

 

お湯を入れて沸かします。

 

f:id:nuage_blanc:20170604155926j:image

 沸騰してきました。

f:id:nuage_blanc:20170604155943j:image 

沸騰したら、流しにお湯をあけ、スポンジでこするとここまで落ちます。 

 

f:id:nuage_blanc:20170604160008j:image

 でもまだちょっと汚れているのでそんな時は、専用のクリーナーを使います。

f:id:nuage_blanc:20170604160018j:image

磨くとこんな風に綺麗になります。

 f:id:nuage_blanc:20170604160036j:image

 

こちらがそのクリーナーです。ビタクラフトのサイトで買いました。 

f:id:nuage_blanc:20170604160049j:image

 

by カエレバ


 

 

by カエレバ

 

 

 

さてさて。

やっとやっと週末です。

良い週末をお過ごし下さいね。

 

 

 
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス