〜 blancのひとりごと

【贈】風船の魔法使いのエリサさんの素敵な贈り物


 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 北の大地でずっとお会いしたかった風船の魔法使いエリサさんにお会いできました。

バルーンアーティスト、ミニマリスト、本も2冊書かれて、お母さんでもあり、いろんな才能に溢れた素敵な女性です。

f:id:nuage_blanc:20170214175800j:image

 

札幌で何回か開催されていた会なども知っていたのですがどうしても予定が会いませんでした。

 

未来の自分をどんどん予約しているので、急だと予定がすでに入ってしまっているんですよね。

 

この本を読んでから、ともかく「やってみたいこと」をどんどん予定して行動するようにしています。 

 

 

72時間をあなたの手帳で管理すれば、仕事は劇的にうまくいく

72時間をあなたの手帳で管理すれば、仕事は劇的にうまくいく

 

 

 

今回は短い3泊4日。

エリサさんには「明日から北の大地です。ワクワクです。」とただお伝えしましたところ、スケジュールが合い、短い時間ですがお会いすることができました。

 

こんなことってあるんだわ・・・と神様に感謝。

 

あとはマギーさん・・・!きっといつかタイミングが合う日がくると信じています。

 

 

エリサさんのブログ「魔法使いのシンプルライフ」

 

ものに対する考え方に共感します。

erisaslife.net

 

この記事など、色を大事にしたい私にとって「まさに同じツボ」

服飾小物で妥協できない線引 : 魔法使いのシンプルライフ

 

昨年買った白いバッグは、シルバーの金具になるまで相当長い時間を待ちました。

(でも最近は、黄色味が強くないゴールドならものによりOKにしています。)

 

こういう細かな視点が私にとって「そうなの、そうなの!!」と思うところなのです。

いろんな線引きの中で、

・テイスト

・素材

・質感

・色

などこだわりたい点がたくさんあります。

(だから究極を求めていると買えないものもあるので実用品などは妥協せざるを得ないこともままあります。)

 

 

魔法使いさんの滞在時間は2時間 場所は古民家カフェ「えん」

 

 こちらの本で、エリサさんとメグさんがお茶をしていたお店です。

モノを減らすと幸せがやってきた

モノを減らすと幸せがやってきた

 

 

レトロであたたかみのある空間でした。

 

 

エリサさんの第一印象はイメージとちょっと違いました

 

いい意味で、です。

当たり前ですが本やオフ会等の写真でしか拝見をしていなかったので、そのような媒体を通して私なりの「エリサさん」像がありました。

 

私がお会いしたエリサさんは、お顔やメイクが柔らかくて「変身前」の雰囲気なのかと思いました。

どちらも素敵でした。

魔法使いのエリサさんがクールな雰囲気だとすると、変身前は可愛らしいキュートな雰囲気。

 

風船の魔法使いエリサさんは、魔法を封印している時も魅力的な女性でした。

 

この日のエリサさんはモノトーン+差し色

 

・黒いタートルネック

・黒いスカート

・白いブラウス(タートルの上に)

・赤いカーディガン(部屋では羽織らず)

 

アクアスキュータムのコートのブルーの裏地とも相性のいい赤をセレクトされていました。

 

白いブラウスは、後ろ側がプリーツで前身頃より長いデザインのものでよくお似合いでした。

 

 

エリサさんの贈り物 ①「心地よい」時間

 

いろんなお話をさせて頂いた中で、「そうそう!!」ととってもシンパシーを感じました。

だからツイートなども共感できる部分が多いのかも・・・と納得。

 

お会いするのは初めてなのですが、エリサさんから「ブランさんといつまでも話していたいくらい、心地よい時間でした✨」とおっしゃって頂き、私も本当に同じ気持ちでした。

 

次は食事などもしながらもっといろんなお話をしたいです。

 

文章だとうまく書けないのですが、本当にエリサさんの「雰囲気」が醸し出す柔らかで優しい時間でした。

 

 

エリサさんの贈り物 ②言葉の魔法使いからの素敵な言葉

 

エリサさんは「言葉の魔法」も使えるんだわ・・・と思いました。

いろいろお話をさせて頂いた中で印象に残ったことは多々あるのですが・・・

 

「仮決め」

 

この言葉はいいなと思いました。

 

エリサさんが「仮決め」と呼んでいるそうですが、例えば何になりたいか分からない時に「仮に〜〜になりたい」と決めてみる。

 

それで始めることで、

・ちょっと違うな

・やっぱり好きではないかも

等々気づきが出てくる。

 

確かに悩んでいても始まらないので「仮決め」して一歩を踏み出すことは大事だと思いました。

 

他にもたくさん魔法の言葉をかけられて、幸せ気分で次の予定に向かいました。

 

 

エリサさんの贈り物 ③魔法の風船

 

私は「ものを作る」過程を見るのが大好きです。

自分でしなくても、です。

 

だから、

・料理番組

・和菓子などの職人技

等ものつくりの番組は好きで気がついた時は見ています。

(普段あまりテレビは見ないのであくまで気がついた時なのですが・・・)

 

エリサさんのバルーンアートを知ったときは、完成形よりも「どうやってあんな作品が生み出されるのか」が気になって、動画を見ました。

 

www.youtube.com

 

特に、こちらのお花のブレスレット、いちごのケーキ、ライオンの動画は好きなんです。

バルーンアート基礎講座・お花ブレスレット Balloonart [Flower] - YouTube

バルーンアートの作り方・風船のいちごケーキ-Balloonart Strawberry cake-(1/2) - YouTube

バルーンアート・ライオンその1(1/2) Balloonart [Lion] - YouTube

 

風船もポンプも持っていないけれど、作る過程を見ているのはとっても面白い。

 

そんなお話をしたところ、魔法使いのエリサさんが登場して、私の知らないお花とくまさんを作って下さいました。

 

f:id:nuage_blanc:20170214175800j:plain

 

想像以上に、早い!!!

目が追いつかない速度で、どんどんエリサさんの手から風船に魔法がかけられて、花びらが生まれ、花弁ができ、白いくまさんが誕生。

 

とっても感動しました。これは実際に見た人でないと感動は伝わらないと思います。

次はショーを拝見したいです。

 

感動と同時に、こんな風に人を喜ばせることができる術をお持ちのエリサさんはいいなと思いました。

 

もう1組お客様がいらして、その方には、

・オレンジのプードル

・赤いハート

をサクサクっと魔法で生み出してプレゼント。

 

素敵な魔法です。

 

昔一度プードルを作ったことがありました。いつ、どこで作ったか忘れてしまいましたが、そのときはかなりモタモタするし、風船の擦れる音が怖くて、「魔法学校」を落第する生徒なのではないか・・・という魔法レベルでした。

 

エリサさんはお茶をご馳走して下さいました

 

・お土産はなくても構わない

ということを覚えていて下さって、手ぶらで来て下さいました。

 

こういうところがいいと思うのです。

初対面だと相手の好きなものが分からないし、特にミニマリストさんだとうっかり「ゴミになる」ものをあげてしまうかもしれません。

(ただ私はものにこだわりがあまりない人で、素直にお土産を喜んでくれる友達には買って行きます。)

 

エリサさんはミニマリストさん。

不要なものをお渡ししたくない・・・。

 

ということで考えた末に、私は懐紙を買って行きました。

 

理由は、

・エリサさんが使われることを知っていた

・着物も着られるから、その時にはあっても邪魔にならない

・もし気に入らない(今はいらない)場合、持ち帰って私が使う

の3つです。

 

幸い、懐紙は使われるということで持ち帰って頂けたし、エリサさん愛用のお財布バッグにも入りました(ほっ・・・)。

 

余談:気になるヘアビューザー

 

実はエリサさんが最近買われたヘアビューザー。

私は昨年3月くらいに美容師さんに勧められてこの1年気になっていました。

 

シャンプーを買いました〜ロクシタン&ケラスターゼ〜 - blancのひとりごと

 

エリサさんの記事で気になったところ、たまたま北海道の友達が買ったらしくこの旅行で貸してくれました。(北海道で流行りだしたのでしょうか・・・)

 

もともと乾燥しない方なのでまだよく分からないのですが、やっぱり気になっています。

エリサさんは艶やかな綺麗な髪をされていました。

やっぱりヘアビューザーいいのかもしれません。

 

 

ちなみに友達のは業務用なので風量は問題なく、ただ大きくて重たいので慣れないと使いにくいと思います。もう少し悩みます。

 

ともかく風船の魔法使いのエリサさんとの時間はまさに魔法にかけられたような素敵な時間でした。

エリサさん、ありがとうございました。

またお会いできます日を楽しみにしております。


 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村