〜 blancのひとりごと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【DC】iDeCo(イデコ)ってご存知ですか? 個人型確定拠出年金の加入対象者が拡大します

 

随分前に取得した「AFP2級」ですが、毎月会報が届きます。

 

今月号は、「今、求められる確定拠出年金へのアドバイス」でした。

 

 

改正DC法が成立 

確定拠出年金に関連する改正法(改正DC法)が成立しました。

iDeCo(イデコ)は、個人型確定拠出年金の愛称です。

 

今回の法改正で最も注目されているのが「加入対象者の拡大」です。

 

 

2017年1月から対象者が拡大します

 

これまでの確定拠出年金の加入対象者は、

・自営業者

企業年金のない企業に勤める会社員

に限定されていました。

 

それが来月からは、

・家事専従者(主夫・主婦など)

・公務員

企業年金に加入する会社員

まで加入対象者が拡大します。

 

これによって、どんなライフコースを選択しても、老後に向けた継続的な資産形成が可能になりました。

 

個人型確定拠出年金のメリットは?

 

税制メリットがあります。

 

1.掛金を積み立てる時→全額所得控除となり課税がされません

2.運用する時    →運用益が非課税になります

3.受け取る時    →公的年金等控除・退職所得控除

 

この言葉だけでは分かりにくいと思いますので、こちらのサイトなどで確認するといいと思います。

個人型確定拠出年金ナビ「iDeCoナビ(イデコナビ)」

 

ざっくり言えば、今100万円を貯金したところでたいした利子はつきませんが、

個人型確定拠出年金で100万円を「掛金」にした場合、その分は全額所得控除となり、税金が結果的に減るので、その分「お得」です。

 

*実際は、そこまで拠出はできません。加入者の職業により拠出額の上限が決まっています。

ちなみに「家事専従者」の場合、年27.6万円(月2.3万円)が上限です。

 

さらに公的年金と異なって、自分が拠出した掛金は必ず自分の年金として受け取ることができます。

 

個人型確定拠出年金の始め方

 

1.加入資格

こちらのサイトで、加入資格を簡単に診断できるみたいですね。

 

加入資格 かんたん診断|個人型確定拠出年金ナビ「iDeCoナビ(イデコナビ)」

 

 

2.運営管理機関

次にどこで始めるのか「運営管理機関」を決める必要があります。

 

銀行や証券会社等の金融機関が「運営管理機関」となっています。

「運営管理機関」を決めるにあたっては各種手数料も検討しなければなりません。

 

こんなサイトがありました。

www.dcnenkin.jp

 

一定の手数料がかかりますので、ここはチェックしておきたいですね。

 

そうはいっても・・・選びにくいと思いますので、近くの金融機関や自分が普段利用しているところなどで相談してもいいと思います。

 

その他かかるコスト

・商品の運用にかかるコスト

個人型確定拠出年金は、自分で拠出した掛金を自分で運用します。

預金・保険と投資信託などの運用商品の中から、自分でどのように運用するのか「指図」をします。

 

どの商品を選ぶかで手数料が異なります。

運用期間が長くなるほどちょっとの差でも軽視できません。

 

・口座管理手数料

加入した場合の口座を管理する手数料がかかります。

年間6,500円くらいが平均で、2,004円〜7,740円まで幅があるようです。

 

・加入・移換時にかかる手数料

個人型確定拠出年金に加入している人が、転職などをすると転職先の年金制度の状況によっては「移換」をするケースが出てきます。

その際の手数料も「運営管理機関」によって異なります。

 

このようにコストがかかりますが、それを上回る「税制メリット」があると言われています。

 

 

手続きの流れ

①運営管理機関(金融機関)を選び→②掛金額を決め→③運用商品を決める

 

この3ステップです。

 

www.dcnenkin.jp

 

 

iDeCoナビ(個人型確定拠出年金ナビ)

こちらのサイトがFPジャーナルでも紹介されていました。

私も見てみましたが、Q&Aなども充実して分かりやすいサイトになっています。

 

www.dcnenkin.jp

 

自助努力は必要です。

 

2017年の1月、まだ検討をしていない方は、こちらもチェックしたほうがいいと思います。

 

 

 

はじめての確定拠出年金 (日経文庫)

はじめての確定拠出年金 (日経文庫)

 
ズボラな人のための確定拠出年金入門

ズボラな人のための確定拠出年金入門

 

 


 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村