〜 blancのひとりごと

【秋】まだまだ続く抜け感ファッション。でも私の定番はこの秋も変わりません


 

 

 

こんなニュースを読みました。

zasshi.news.yahoo.co.jp

 

「受け感」流行っているんですね。 

 

「抜け感女子」が急増

・女性の社会進出が一段と加速して、IT企業を中心に、オフィスで着る服のカジュアル化が進行

・より自然な美しさを表現したいという女性の願望と「抜け感」がマッチ

この2点が理由のようです。

 

ちなみに「抜け感」とは

 

「かっちりとした服ではなく、ゆとりのある服を、自然な雰囲気で着こなすこと」

 

肌の露出が多く、特に手首・足首・首の三つの首が見えるようになっており、

比較的背が低い日本人女性でも、背が高く見える、顔が小さく見える、などの効果が期待できるみたいです。

 

定番は変えずに秋冬も乗り切ります

 

「色も秋色にシフトしたい」気持ちがないわけではありません。

でも数年前から晩夏ものを手放しています。

【衣】晩夏ものを手放して数年経ちました - blancのひとりごと

 

秋冬の定番は、相も変わらず

・スーツ(紺・ベージュ。素材が夏物から通年用にシフト)

・白い長袖ブラウス

・白いシルクタートル

・シルクタートル(ピンク・水色・グレー)

・タートルニット

*ニットはいずれも薄手

になります。

 

寒くなければ、インナー+白い長袖ブラウスで乗り切ったらニットを減らせそうなので、今年はニットを買い足すのを我慢しようかと思っています。

 

今のところは買い物の予定はなし

 

ショップに行くと欲しくなるかもしれないので、行かないようにしています。

紺のパンツスーツが欲しいけれど、ここで買ってしまうと服の総量規制が進まないので見に行っていません。

 

いつまで乗り切れるでしょうか・・・。

 

 


 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス