〜 blancのひとりごと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【マネー】最初の一歩は、少額の株式からデビューしてみては??

マネー


 

毎日花の水を替えています。
小ぶりの花が可愛い。 

f:id:nuage_blanc:20160629212438j:plain

今週は、かなり久しぶりに株を買いました。正確には買えていました。
日経平均株価が下がったので、かなり低めに指し値注文したら買えていました。
株価が下がった時に少額の株をたま〜に買っています。
 
 

私と株式投資の距離感

今は練習の時期

練習の為にわずかの額を買っています。

今は日中は株価のチェックもできませんし、上がったり下がったりを気にする暇もゆとりもないので、たまに証券会社のサイトを確認するくらいです。

 

定年後に時間ができた時に株式投資ができれば、お小遣い稼ぎにはなります。

年金は使わずに、日々の株式投資の収益で生活できればいいなと思います。

 

ですが、いきなりその時になって始めるのは怖いので、「今のうちに慣れておきたい」

 

そんな気持ちでゆるゆるとしています。

 

投資スタイルは「中長期保有」

投資スタイルというほどかっこいいモノではありませんが、私の場合「中長期保有」。

短期で売買はしません。

 

保有して「配当」(たいてい年2回)をもらっています。

 

例えば年間36万円配当があれば、1ヶ月3万円のお小遣いになります。

まだそこまで株を買っていませんが、月5万円くらい配当があればいいなと思います。

 

株で「儲けよう」と思っていない

売らないので、売買益はないです。(含み益を見ればやはり貯金と違ってすごいなと思いますが、売らないので絵に描いた餅です。)

 

最初はバーチャルで見て買った「つもり」で見ていましたが、やっぱり買わないと「自分ごとにならない」と思って最初の一歩を踏み出しました。

 

あくまで自己責任・・・損をしたくない人には向かない

損をしても(したことはないですが)、自己責任。

「1円たりとも損をしたくない」という人には向かないと思います。

それも個人の自由。

 

そして購入する銘柄も「自分で選ぶ」

 

人に聞いたりしても最後の判断は自分。

もし損をしても他人のせいにはしない。

ここは大事だと思います。

株式投資に限らず、自分の人生は自己責任。誰のせいでもありません。)

 

 

まだ買ったことがない人は、バーチャルで株価を追うのがオススメ

証券会社に口座を持って、気になる銘柄を登録する

いきなり買うのはハードルが高いと思うので、

①証券会社に口座を作る

②気になる銘柄を登録して株価を追ってみる

この2点をしていると、感覚ができてくると思います。

 

実際に買わなくても、気になる銘柄を登録します。

そしてその株の値動きを追ってみる。

私の場合、それで大きく下がることがなく上がっていることが多かったので「買ってみても大丈夫かな」と最初の一歩を踏み出せました。

 

証券会社に口座を持たなくても、日経新聞のサイトやヤフーでも銘柄登録は可能です。

証券会社の口座がない時代は、日経新聞のサイトで登録していました。

でも持っていた方が、いざという時すぐ買えます。

 

株式の仕組みを学ぶ

株の初心者向けの本を一通り読んでみるのもいいかもしれません。

プア充独女のハッピーライフ♪

こちらのmozuさん。

今は北海道であえて働かない生活を選び、株もされています。

読まれた本が紹介されてますのでご参考まで。

 

自分が読みやすい本を書店で探すのが一番だと思います。

 

私が読んでみた本、気になる本

私は結局「感覚派」なのでさらっと読んで、「やりながら考えよう」タイプ。

真剣に読んでいませんが、この本は持っています。

チャートを学びたくて書いました。

 

気になっているのは、日経新聞社のこちら。

 

別に聞けばいいと思うけれど(笑)、東洋経済のこの本も読んでみたい。

 

 

これはタイトルが気になっています。

 

普通の「一般的な」株を買う(新興市場などは買わない)

私などは初心者なので、東証1部の株式しか買いません。

聞いたことがある誰もが知っている会社などから始めた方が無難だと思います。

 

慣れてきたら外国株式も買ってみたいです。

(まだまだ先の話・・・)

 

株主優待が楽しみになる人も

私はあまり株主優待では選んでいませんが、株主優待も購入理由にしている人もいると思います。

 

私が持っているの一例です。

・ビール会社

ビールは飲まないので優待券は両親にあげています。

「父が飲むからいいかな」と思って買ってみました。

 

・銀行

定期預金金利が上乗せになる

(これは500株からなどと適用単位があるので少しずつ買い足しています。)

 

・流通系

購入金額の一部がキャッシュバックされる

(私はほとんど使わないのですが、よくそのお店を使う友達に教えたら買ったようでメインに使っているのでちゃんとキャッシュバックされ、大活躍してるそうです。)

 

ほとんど株主優待は興味がないのであまり気にしていません。

 

最初の一歩は少額な株で始めてみる

”絶対に”損したくない人にはお勧めしません

株式投資をしている」というほどしていませんが、全くしたことがない人からは、

・怖くない?

・損しない?

・何を買えばいいの?

などといろんな質問がきます。

 

「怖くない?」「損しない?」という人には「やらなくていいと思う。」と答えています。

怖がりながらするものではないし、「損をしないか?」といえば「しない」とは言い切れないから。

 

「何を買えばいいの?」という人には・・・「少額な株式を買ってみたら?」

以下はあくまで例示です。推奨銘柄でも何でもないのでご注意下さい。

 

例えば、都市銀行の株。

7/1の株価は、

三菱UFJフィナンシャル・グループ

株価  :459.9円

売買単位:100株

配当  :3.91%

つまり、45,990円あれば購入できます。

500株買うと、金利が優遇されます。

 

私は三菱東京UFJ銀行は口座はありますがメインに使っていません。

メインに使われている方であれば、(残高が多いのであれば)金利優遇はいいのではないでしょうか。

 

一度に459.9円×500株=229,950円はさすがに高いと思いますので、安い時にちょっとずつ買い足していけばいいと思います。

 

もっと安いところもあります。

 

・みずほフィナンシャル・グループ

株価  :148.3円

売買単位:100株

配当  :5.06%

つまり、14,830円あれば購入できます。

 

銘柄を増やす時は、業種も変えてみる

最初に買ってみたら、ちょっと「慣れる」と思うのです。

何事も最初は不安でも続けると慣れてくる。

株を買うことに「慣れた」ら、また買ってみようかなと思うかもしれません。

 

そんな時に私は業種も分散しています。

同じ業種ばかりだと値動きも似ていると思うからです。

 

買ったら、使った(現金はなくなった)と思う

 

あくまで株式投資は余剰資金で

 

株を買ったら「使った」(=その金額はないもの)と考えています。

 

もし上記のみずほの株を買ったとしたら、

「14,830円は使った=なくなった」

と思っています。

 

服を買ったら服は手元に残っていますが、現金はなくなりますよね。

それと同じ。

 

そう考えたら、仮に株が暴落しても気にしない。

どうせ売らないのだから、配当だけもらっています。

 

あくまで株式投資は余剰資金で。

失ったら青くなるようなお金はつぎ込んではいけない、と思っています。

旅行や外食や買い物に使った(実際は株として含み益もあるし配当もあるのですが)と考えることで株価に一喜一憂でず落ち着いていられると思います。

 

配当は預金よりいいと思っている

14,830円を普通預金に預けていても金利はほぼない・・・。

 

例えば、上記のみずほの株なら、1株あたり3.75円配当されています。

つまり100株持っていたら、100株×3.75円=375円。

(NISAなら全額。普通の特定口座なら20%税金を取られます。)

 

1000株なら3,750円。大きな違いだと思います。

 

*あくまで1株が安い株を見つけて書いているので、この株をオススメしているわけではないので誤解なきようにお願いします。

 

株式投資は1つの手段(蓄財の方法は分散する)

昔みたいに銀行の金利が8%!なんていう時代だったら、株式投資はしなくてもいいかもしれません。

 

でも今は銀行に置いておいても増えることはない・・・。

 

そう考えて2年前に初めて株を買いました。

(会社の持ち株は持っていましたが通常の市場で買ったのは2年前が初めて。)

 

 

そしてあくまで株式投資は余剰資金。

あくまで少額をコツコツ。

練習です。

 

株式投資で一攫千金などとは考えていないので、

・貯金

・財形

個人年金や生命保険(保険)→年金になるもので利率がいいもの

確定拠出年金(なるべく元本確保型。リスクは取らない。年金だから。)

といったようにいろんな方法で分けています。

 

【まとめ】株式投資に興味があって、でも踏み出せないという方は 

(大前提)生活資金に影響しない、余剰資金を蓄える

 

その前提で、

1.証券会社に口座を作る

2.バーチャルで株の値動きを見る

3.最初は少額の株式を買ってみる

 

という感じで踏み出してはいかがでしょう。

 

私の母(専業主婦)は、60歳から株式投資を始めました。

(父もしているので相談は多少できたでしょうが、見ていると父の投資スタイルと違って、習ったとおりの基本に忠実な気がします。)

証券会社の無料の講座を一人で受けてきて、ちゃんと益を出して、日々の食事や買い物を楽しんでいます。

 

60歳からでも始められます。

思い立ったが吉日。

気になる方は一歩踏み出してもいいかもしれません。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村