〜 blancのひとりごと

ふさひも工房 なかお宗 〜京都・南禅寺界隈〜


 

 

 

昨秋の紅葉時期に南禅寺を訪れた帰り。ふらりと立ち寄ったお店がありました。

 

f:id:nuage_blanc:20160625235018j:image

お店の佇まいに誘われ、中に入ると左側の棚にきれいな袋が並んでいました。

 

 

それは、大中小の3つの大きさの袋たち 

 

その時は不意の出会いだったので、迷いつつも買わないで帰りましたが、その後ずっと気になっていました。

 

(この写真は小サイズ)

 f:id:nuage_blanc:20160626083741j:image

 

袋に通してある紐が美しいのです。

 

大きさは大中小があるのですが、今回は前回に比べかなり品薄でした。

 

 一つ一つ手作りで丁寧な作業の為、作成に時間がかかる

 

作り手の方もご年配の為、今は作成するのに時間を要し数が少なくなっていました。

そして、欲しい人が注文しているのであまり店頭に並ばないということを今回知りました。

昨年買えばよかった・・・。

 

手作業でご高齢となれば、確かに大変なんだろうな・・・と納得しました。

 

前回買わなかった理由

 

母にも使えそうだと思ったのですが、

・母はモノに対しての基準が厳しいので気に入ってもらえるか分からないこと

 

・どの色にしたらいいか選べなかったこと

・欲しい中サイズがなかったこと

などの理由で買いませんでした。

 

結構直感でパッと買うほうですが、「なくても困らないモノ」でもあり、冒頭記載の通り、「不意の出会い」だった為踏みとどまりました。

 

でも今回足を運びましたが、品揃が本当に減っていて「前回買えばよかったなあ」と残念でした。

でもやっぱり欲しい色・サイズがなく「前回買えばよかったなあ」と残念でした。

 

(よーこさん、勝手にお借りしております。) 

 

このツイートにちらりと写真があります。

この時にはパステルカラーが多いですね。手に取ってみるとしっかりしていますが、使い込むと柔らかくなるそうです。

このツイートにもありますように、ストラップも本当に可愛くて、他のアイテムに用いたくなりました。紐なので付けたモノに当たっても傷もつかなそうです。

 

再び欲しかった理由

 

バッグの中の仕分けに程よいと思いました。

マチがないのでコンパクト。小さなモノはそのままバッグに入れるより、袋があった方が見つけやすい。

母にもあげたら使うだろうな・・・そんな風に思って帰宅してから電話で話をしたところ、「欲しかったわ。」と言われました。

 

そんなに高いモノでもなし、買えばよかったなあと思いました。

私基準でときめいたのだと思います。 

 

それで次に機会があれば購入しようと思っていました。

 

 

今回注文ができました(完成時期は未定)

 

私はピンクが欲しかったのです。

前回母はグリーンもいいと言っていました。

そんな話をしましたら、生地見本を見せて下さり、頼んで出来上がったら連絡をもらえることになりました。

 

その場で母に連絡すると、欲しいモノがまったく私と同じ。

 

・色:ピンク(3種類の中の真ん中の濃さ)

・サイズ:中

・袋の紐:赤(ないしエンジ)

 

住所と氏名、電話番号を残してきました。

代金は、出来上がった時にお支払いです。

 

 

生地は、モアレ。紐はシルク。袋の内側は金色。

 

「モアレまたはモワレ(仏: moiré)は、干渉縞ともいい、規則正しい繰り返し模様を複数 重ね合わせた時に、それらの周期のずれにより視覚的に発生する縞模様のことである。」(ウィキペディアより)

 

モアレ ネットでも購入可能のようで、インテリアやバッグ、ブライダルアイテムやディスプレーなど幅広い用途に人気の生地みたいです。

 

袋の紐はシルク。

留めになる丸い玉も可愛らしいです。

 

袋の内側は、金色なのでモノが見やすいです。

内側が黒いとよく見えないのでその点もいいと思いました。

 

今回は小サイズを2つ購入

 

昨年秋にいいなと思ってから半年。

今回は小サイズを2つ購入しました。1,500円弱だったと思います。

好きな色がなかったので、ある中からエンジとブルーを購入。

母がブルーがいいと言うので私がエンジを使うことにしました。

 

小サイズは、

・コード類(充電器)

iPod shuffle

・鍵

・荷物をミニマムにしたい時のリップ

・旅先でのアクセサリー入れ

などに使いたいと思っています。

 

ご参考:お店は「ふさ・ひも工房なかお宗」

 

創業135年の歴史ある房紐店。

伝承されてきた飾り結びの技術は、海外でも高い評価を受けられているそうで、ニューヨークに本店をもつ老舗宝飾ブランド(多分ティファニーだと思います。)の商品も手がけているそうです。

 

営業時間:通年/9:30~18:00
住所:京都市左京区永観堂西町20
お休み:不定休
お問い合わせ先:ふさ・ひも工房なかお宗 075-771-2833

  

手元に届くのがいつになるか分かりませんが、出来上がりが楽しみです。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村