〜 blancのひとりごと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワインセラーを検討してみました

ワイン


 

 

いろいろ飲んではいるものの、また買ってしまうので減らそうと思ったワインの在庫が16本・・・。

 

普通に暗い場所に保存しているので、あまり在庫を抱えたくないのですが、たまってきてしまいました。

また届いたワイン5本。

 f:id:nuage_blanc:20160529145352j:image

 

 

そもそもワインセラーとは・・・

ワインセラー

ワインセラーとは、広い意味で”ワインを保存するための貯蔵専用庫”のことです。

フランス語でカーヴ(Cave)、ドイツ語ではケラー(Keller)。

 

ワインは光に弱いし、温度変化にも敏感なので通常の冷蔵庫での保管は好ましくないようです。

 

ワインにとって理想の環境

ワインの理想的な熟成・保存に必要な条件として、「温度・湿度の変化が小さく適度な温度(15℃前後)・湿度(70~80%)を長期的に保つ」こと、「光や音・振動の影響を受けないこと」だそうです。

 

振動も良くないので、冷蔵庫がNGなんですね。

 

ワインセラー専門店「セラー専科」

 

検索してヒットしたのがこちらのサイト。

www.winecellar.jp

 
いろいろ詳しく載っています。
見ていて楽しい。
 

セラーのタイプ

 
・デイリーワインを保存する「短期保存型」
・大切なワインの保存や、ワインの熟成を目的とした「長期保存型」
 
今の私なら、「短期保存型」でもいいと思うけれどそのうち「熟成」したいと思うかもしれないので、買うなら「長期保存型」だと思います。

 

収納本数もいろいろ

・24本まで(コンパクト)

・36本まで(ベーシック)

・119本まで(ミドルライン)

・120本以上(ハイエンド)

に分かれて詳しく載っていました。

 

よく言われるのが「6〜12本だとすぐ足りなくなりますよ」

 

確かにその通りでした。

昨年今頃検討した時、とりあえず「12本とかでもいいかな」と思いましたが既に16本溜まっています。買え控えているのに・・・。

 
かといって、あまり大きいと重たいし部屋を圧迫しそう。
今のところ、ベーシックな36本くらいが候補・・・。
所有するより、お店で飲んだほうが管理も一緒に食べる料理もいいと思ったりしています。
 

主要メーカー

ルフィエール

フォルスター(4年連続、金額シェアNO.1)・・・金額なんですね。販売台数ではなく・・・

ユーロカーブ(ソムリエが選ぶワインセラー

ドメティック

デバイスタイル

エクセレンス(HPがうまく探せませんでした)

 

他にもあるのですが、だいたいこんなところでしょうか。

 

個人的にHPが見やすいのは、ルフィエールとフォルスターでした。

 

外観は、できれば木目調で「ワインセラー」と分かりにくいものがいい

好みの問題ですが、外から見てワインセラーと分からない感じのものが欲しいです。

 

・長期保存型

・収納本数:36本

・外からワインが見えないタイプ

で絞ると、こちらが該当しました。

 しかも日本製なのが嬉しい。価格もリーズナブル。

www.winecellar.jp

 

ルフィエールだと、このタイプ(LW-D32|ルフィエール ワインセラー オフィシャルサイト)になり、外観が黒くて好みではありませんでした。

 

ソムリエが選ぶ「ユーロカーブ」は、やっぱり見た目が・・・。

でもこんな風にカウンター下に置けるのは良いです。ただ今はできない。

実家にお願いするにしてもシステムキッチンを買えないといけないから厳しいかなあ。

実家のパントリーにしているところをワインセラーに改造できたらいいのに。

www.eurocave.jp

 

 

買う前には、ワインのお店で仲良くなったオーナーさんに相談したいと思います。

「僕に言ってくれたら安くなるよ」とおっしゃっていたはず。

でもフォルスターではなかったかもしれない。(肝心のことを覚えていない)

 

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村