〜 blancのひとりごと

久しぶりにワインとフレンチ!


 

 

 

昨日、連絡がありこの週末に予定を入れていたことをすっかり失念していました。

 

確かに「承諾」したものの、その後詳細の連絡が全くないので流れたと思っていました。

 

その予定は、6種類のワインとフレンチ(会費:2万円)。

 

今月はもう買い物をしない(=お金は使わない)つもりだったのに・・・最後の最後に使うことになりました。

 

ワインもフレンチも好きなことだからいいです。気持ち良く楽しんできます。

日曜日に引きこもろう・・・・。

最近、お茶席が続いたので久しぶりのフレンチです。

 

 

300種類を越えるワインの品揃えがあるフレンチ

お店の紹介文・・・。

「世界各国から集められたワインは、総数500種*を越えるほど。カジュアルラインからヴィンテージまで、シーンに合わせた1本をソムリエがセレクトしてくれます。

地元の魚介類を始めとした国産食材にもこだわり、旬を大切とした丁寧な素材たち。

シェフの熟練した匠というエッセンスが加わり、見事な芸術の世界へと導いてくれます。季節ごとに替わるスペシャリテに会いに行きたくなるお店です。」

 

*お店のホームページだと300種類になってました。

 

お店の雰囲気は、ヨーロピアンモダン

白と淡いグレージュを基調とした明るめの雰囲気のようです。

シャンデリアはスワロフスキー。

 

食器類は、有田焼のオリジナルらしいです。

www.business-plus.net

(個人的には、フレンチは洋食器で食べる方が好きですが、いろんなお店で食べるも楽しみです。有田焼なら和食が食べたい。)

 

カトラリーは、クリストフル、マルシー。

磨いてくれる人がいるならば、クリストフルのカトラリーは憧れます。

mitsukoshi.mistore.jp

銀は磨かないとくすみますもんね。

一時期買おうと思っていろいろ見ましたが、

・手入れが今はできない

・そんな料理を作る余力がない

ので諦めました。

そのうち優雅にのんびり暮らせるようになったら持ちたい。

 

フレンチは自分で作れないので食べに行きます

イタリアンなら、カルパッチョとかカプレーゼとか、パスタとか、アクアパッツァなど、自宅で作ろうと思えばできるものが多いけれど、フランス料理は、「フォン」(だし)を取るところからして、難易度高し。

(もちろんお手軽にできるものもあると思いますが。)

 

イタリアンとフレンチだと、フレンチの方が好きです。

 

多分自宅にある(久しく見ていないけれど捨ててないのでどこかにあるはず)のですが、かなり昔にこちらの本を昔買いました。

「ル・コルドン・ブルーのフランス料理基礎ノート」

www.amazon.co.jp

 

結局見るのは楽しいけれど、一つも作りませんでした。

面倒すぎて。。。

 

でも美しいし、読むだけでも楽しいです。 

 

アミューズやチーズも美味しいし、料理とのマリアージュも楽しい

 

ワインと料理のマリアージュ(相性)はやはりフレンチがいいなって思います。

自宅で和食とも飲んでいますが、やっぱり・・・

 

・フォアグラと甘口ワイン

・きりりと冷えた白ワインと魚介

・軽めの赤とチキン

・重めの赤とお肉

デザートワインとチーズ

などなど、いろんな組み合わせで美味しいなあ・・・と思います。

 

ゆっくりと満喫してきたいと思います。

 

余談:先日のコニャック、美味しかったようです

 

先日買ったコニャック。

f:id:nuage_blanc:20160522194645j:plain

実家に届きました。母は早速バニラアイスにかけて食べたようで、美味しかったと満足そうでした。

私のところには、日曜日に届きます。

こちらも楽しみです。早く飲んでみたい。

 

そして。

ワインもお茶席も楽しいけれど・・・私が今一番したいリフレッシュは「山登り」

これから暑くはなるけれど、自然の中を長時間歩きたい・・・。

どこかで予定を入れたいですが、7月が終わるまで厳しそうです。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村