〜 blancのひとりごと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の自分を予約〜断捨離の日を決める&”持たない”選択肢を再び強化する〜

 

 

日曜日にサンキャッチャーが届きました。

旅先で見つけて気に入ったのでその場でネット検索して購入しました。

f:id:nuage_blanc:20160508132746j:plain

 

 

綺麗で見ていて気持ちがいいです。

簡単に移動できるので、パソコンデスクやテーブルなど見たい時に置く場所を変えて楽しみたいと思います。

f:id:nuage_blanc:20160508132739j:plain

 

目次

 

未来の自分を予約「断捨離」の予定を入れました

 

nuage-blanc.hatenablog.com 

 

「手放すこと」をしたくなる

 

最近、「楽しいこと」「したいこと」「好きなこと」を予約して、どれもやってきたけれど、「手放すこと」を再びしたくなりました。

 土曜日に買ったこの本もその流れかもしれません。  


 

 

既に5月も週末は何かと予定が入っています。

でも、土日のどちらかは空いているので、「断捨離」デーにしたいと思います。

 

「未来の自分を予約する」

「断捨離」を予定に入れました。

思うように捗る気が今時点ではしていないのですが、「断捨離の為の一日を設ける」

ことが必要だと感じました。

nuage-blanc.hatenablog.com

 

断捨離の日にしたいこと

「シンプル、だから贅沢」をゆっくり読む

この本は、目から鱗というよりは、「私がしたいことを書いてくれている」と思いました。 

 

手にとって立ち読みした段階では、目新しい内容ではないので、「買わなくてもいいかも」と思ったのですが、手元に置いて繰り返し読むことで、「つい流されがち」な私を「行きたい方向に導いてくれる」指南書のようなものとして買うことにしました。

 

 著者は、自分のお気に入りのものを一つ一つ見つけて、それ以外のものは持たないという暮らしをされていますが、これは本当に贅沢なことだと思います。 

 

私も「私が好きなものだけに囲まれて暮らしたい」

 

 この本を手にとったら、そんな気持ちが強くなりました。

 

お気に入りでないものをいくつか手放す

机の引き出しを一つ開けてみても、「お気に入りでないもの」がいくつもあります。本当は全部捨ててしまえばいいのかもしれません。

(でもなかなかそうもいかないカテゴリーのものもあります。)

 おそらく「ときめく基準」で判断するならば、全部捨てたいくらいですが、替わりのお気に入りの文房具はなかなかないので困ってしまいます。

 

とりあえず、こんな風に「白い文房具」に変えたい気もしますが、使いやすさや機能はどうなのか??と思うと踏み出せません。そしてこの真っ白がときめくかというとちょっと違う気もします。白にはときめくけれど形や雰囲気にときめかない・・・。plaza.rakuten.co.jp 

 

上記の写真のペンなどは白いかもしれないけれど形が好きじゃないし・・・。 

そんなこんなで「真のお気に入り」を求めるとそれはそれでくたびれてしまう。 

 

そうはいっても、ちょっとだけ頑張って少しでも間引けたらいいなと思います。

 

私のお気に入りが作れるお店があったらいいのに・・・といつも妄想しています。  

 

”持たない”選択肢を再び強化したい

最近変わった自分がいます 

昨年はベッドを買い、今回テーブルと椅子を買いました。

ずっと「持たずに」暮らしていたので、「モノが増えた感」があります。 

 

なくて済ませていたものを「快適さ」を求めて買うことが以前より増えました。

でもそうするとジワジワとモノが増えます。

 

以前より、「安易に」買っていない?と自分の中で危機感が芽生えました。

 

一方でミニマムな私はもともと健在

周りが持っていて私が元から持っていないモノは結構あります。 

nuage-blanc.hatenablog.com  

 

私は結構「モノを持たずに」います。

 

青野すみれさんのお持ちの「味噌マドラー」も持っていません。

いろんな記事で「手放した」と書かれていたモノをはじめから持っていないと思いました。

 

他にも、トイレのマットやトイレのペーパーホルダーや、玄関マット・・・その他他所のお家にお邪魔をすると私が持っていないものは結構あります。

 

この「もともと持っていない」ということが、最近緩んでいないかなと思うようになったのです。

 

特に電子書籍になって図書館より買ってしまったり、本もつい買ってしまったり。

今まで置いていた本のスペースがきつくなってきたので、これ以上増やさず、総量規制をかけようと感じました。

(読書は大切なので、今までのように図書館を利用する頻度を上げたり、工夫したいと思います。)

 

 重要なことは、「モノの数」ではなく「必要かどうか」 

 

私にとって「必要か否か」

この基準で、”持たない”という選択肢を再び強化していきたいと思っています。

 

もともとあまり「持たない」私が、「持つ」ことをしただけで、また身軽になりたいと思うようになった感じです。

(注釈:この場合の「持たない」に衣類やバッグなどは入りません。)

 

持つことにしたモノとは、ベッドとテーブルです。

この2つが増えただけで危機感が芽生えました。

長年逡巡していたベッドを買った時の記事です。

nuage-blanc.hatenablog.com

 

テーブルを買った時の記事はこちら。

nuage-blanc.hatenablog.com

 

大物を買ったので、部屋を狭くしないよう、他のモノをスッキリさせたいです。

 

 

 「必要か否か」はライフスタイルでも変わる

 

私は今はあまり時間的な余裕がないので、紅茶が好きでもティポットでお茶を入れることがあまりないこと、お気に入りのティポットをどれにするかも決めかねているので「今は持たない」という選択をしています。 

 

きっとライフスタイルが変わったら、買うのではないかと思います。

 

そんなものがたくさんあって、いつどんなものを買おうか、実際に所有しなくとも考えるのは楽しい時間です。 

 

まずは、大きな断捨離の日を設けて、スッキリしたいと思います。  

 

最後に1日1捨

 

diamond.jp

こちらのkuunsirppiさんのブログを読むと、着々と捨てられていて、いいなと思います。

 

kuunsirppi.hateblo.jp

 

いよいよ「いいな」と思っているだけでなく行動に移したいところです。

 

まずは「断捨離デー」を頑張ってみます。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村