〜 blancのひとりごと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一度買うと長く使うから減らない〜自分の適正量に到達するまでの長い道のり〜


 

 

最近、本当に私の持ち物は非常に長いスパンで一緒にいると思いました。

 
1年前にファスナーが壊れた小さなペンケースも高校の時から愛用しているものだったし、未だに高校の友達にもらったクレージュシャープペンシルも使っているし、櫛も高校時代から使っているものがあります。

 

 

お気に入りを長く使うタイプ

昔からお気に入りを長く長く長〜く使うタイプです。
買う時の基準は、「おばあさんまで使えるか」
 
飽きっぽいけれど、お気に入りは飽きない。
 
だからお気に入りが少しずつ増えてしまうんでしょう。
 
家電なども未だに一人暮らしを始めた頃の物を継続して使っています。
壊れると危険そうだから・・・買い換えているのはドライヤーくらい。
 

新しいものの開拓は少しずつゆっくり

 
新しいものも好きなのですが、定番やお気に入りも大好きなので、新しいものの開拓は少しずつゆっくりと、です。
 
好みが変わってきたものは手放しますが、好みの変化もゆっくり。
 
だから2年前に大量に捨ててから断捨離ペースが落ちています。
 私のペースでゆっくりとやっています。
 
モノの適正量も相対的なもの。人と比べない。
モノの量も、いろんなことも。基準は自分でいい。
 
大切なことです。
 
適正量への道のりはゆるくゆっくりと少しずつ前に進めていきます。
 
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村