〜 blancのひとりごと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牛肉の食べ方いろいろ

いきなりですが以前より、お肉を食べるようになりました。

 
基本はやっぱりお肉よりお魚好きです。
お豆腐と野菜とお魚が自宅では多いのですが、たまに赤ワインが飲みたくなるとお肉を買います。
 
 
そんな私の牛肉のシンプルな食べ方+αをご紹介します。

 *調理中にiPhoneで写真を撮るといちいち手を洗ったりするのが面倒で、さらにiPhoneを落としたりすると嫌なので写真も撮っておらずごめんなさい。

 

1つ目:蒸して食べる(もしくはしゃぶしゃぶ)

 ビタクラフトの大きめのフライパンで蒸し焼きにします。
基本薄味、人によっては味がないと思われるかもしれないので参考にはならないと思います、と予めお断りしておきます。
これは昨日食べました。
 
<材料>
・人参 一本
・大根適量
・牛肉
 
<下ごしらえ>
・人参と大根をすりおろす
→バーミックスを使ったら非常に楽でした。美味しくない気がして今まで手ですりおろしていましたが、これからはバーミックスの力も借りたいと思いました。
ただ洗うのは圧倒的におろし金が楽。
 
・牛肉
→50度洗い(しなくても大丈夫)
 
<作り方>
①ビタクラフトフライパンにすりおろした人参と大根を敷きます。
②牛肉をのせます。
③蓋をして数分蒸します。
 
以上です。料理とは言えないレベル。
普通のフライパンで試したことはないですが多分大丈夫だと思います。
 
<食べ方>
 
私はそのままお肉で人参と大根おろしを巻いて食べます。
味は付けません。
 
水は使わず蒸すことで野菜の甘みと牛肉の旨みが凝縮され、十分美味しいです。
 
でも、多分普通の人は「美味しいと思わない」確率が大きいと思うので、お醤油やお塩で味をつけて食べて頂けたらと思います。
 
私はしゃぶしゃぶの時のたれ?が人参と大根おろしにお醤油です。
ヘルシーだし、専用のポン酢やらごまだれがいらないからオススメです。
大量にすりおろします。
 
昔から母にお肉の3倍〜4倍野菜を摂りなさいと言われているのがしみついており、お肉より野菜が多くないと気分的に嫌なのです。
 
ある時、お醤油を垂らさないで食べてみたら美味しかったので以後私はお醤油使わなくなりました。
たまーに気分で使うこともありますけれど基本は使わない。
 
外食だと外で塩分は摂り足りていると思うので自宅では極力薄味です。
薄味に慣れると素材の味がとてもよく分かります。
 

2つ目:バター焼き

<材料>
・バター
・にんにく
・牛肉
・胡椒
 
<作り方>
①にんにくをスライスします。
②フライパンににんにくとバターを入れて香りを出します。 
③牛肉にさっと火を通します。
④最後に胡椒を少々ふります。
 
以上です。
シンプルで簡単で好きな食べ方です。
 
以下シンプルさが薄れていきます・・・。
 

3つ目:野菜巻き

<材料>
・人参
・ピーマン
・牛肉
・お醤油
・日本酒
 
<作り方>
①野菜を細長に切ります。
②切った野菜を軽く下ゆでします。
③牛肉で巻きます。
④フライパンで焼きます。
⑤お醤油、味醂で味付けします。
 
味付けはあくまで薄く。お肉より野菜を多く巻きます。
煮物の味(お醤油+味醂)に飽きた時は塩味にします。
 
日本酒は少し辛口に仕上げたい時は入れます。お好みです。
 
これは豚肉でやっても美味しいです。
 

4つ目:ビーフシチュー

赤ワインを買うと作りたくなります。
(本当はもったいないけれど料理用の赤ワインを買うのも面倒なので、最近は飲むものを使ってしまいます。)
 
<材料>
・牛肉(薄切り)
・マッシュルーム
・人参
・玉ねぎ 
・赤ワイン
・ハインツのデミグラスソース
ケチャップ(必要らしいけれど省略したいのである時にしか入れません。自宅にないことも多いので。)
 
作り方は、ハインツのデミグラスソースの缶に書いてある方法です。
 

www.heinz.jp

本当は全部手作りしたいけれど今はできないので、缶詰の力を拝借します。

個人的には紙パックのルーより美味しいと思います。

上記レシピですと、所要時間130分!!ですが、時間短縮の為、私は薄切り牛肉を使います。
130分も待ちたくないし分厚いお肉は得意ではないので薄切りお肉で十分。
 
ジャガイモは入れません。かわりにマッシュルーム。
これは手軽に美味しくできます。(やはり野菜多めのお肉少なめで作っています。)
ジャガイモを入れないので重たくありません。
煮詰まったらパスタと合わせたりもします。
 
 
ハインツのデミグラスソースは2種類あって高い方がより美味しいです、やっぱり。
上記は定番なので、次はこれを作ってみたいです。
 

5つ目:揚げる(ウィンナーシュニッツェル

大好きな仔牛のカツレツ。大好きです。赤ワインと本当に合います。
 
帝国ホテルのが美味しいですが、高島屋の特別食堂でも同じものが食べられます。
 

 

なぜここかというと、ここはいろんなものを同じレストランで食べられるからです。

なので、前回は、

・私は帝国ホテルのウィンナーシュニッツェルと赤ワイン

・友達は野田岩の鰻

を注文しました。

 

こんなオーダーが可能なのです。

 

ああ・・・また行きたい。話が逸れてます。ごめんなさい。

 

私は薄い牛肉をフライにして食べるのが好きです。
ここでは滅多に作らないので実家に帰るとリクエストします。
赤ワインに非常によく合います。
 

6つ目:和風青椒肉絲

主役は野菜の青椒肉絲です。
 
<材料>
・牛肉(薄切り)
・ピーマン
・干ししいたけ
・たけのこ(あれば)
・塩
・醤油
・日本酒
・干ししいたけの戻し汁
 
<作り方>
①野菜と牛肉を細切りにします。
②かたい野菜から炒めます。
③牛肉を入れてさらに炒めます。
④干ししいたけの戻し汁と上記調味料で味をつけます。
 
牛肉に片栗粉をまぶしたりはしません。
(気分ですることもあるけれど基本はしません。)
 
これはあっさりめで美味しい青椒肉絲ですが・・・我が家の場合、肉が残り野菜が減っていくので、もともとお肉の量はかなり少なめです。
 
野菜炒めの出汁にちょっと牛肉があるくらいが美味しいです。(好みです。)
 
ここまで調味料の分量など書いておりませんが、とにかく本当に少ししか入れないようにしているので大さじ何杯とか書けないのです。ごめんなさい。
 

シンプルな食べ方が一番好き

 
何の変哲もない普通の食べ方ですが、私が牛肉を自宅で食べる時主にこれらの食べ方です。
 
蒸す、焼く、味はあまり付けないというのが一番おいしいと感じています。
 
すき焼きもしますが、味が煮つまり濃くなるのでその時も先に焼いてしまって引き上げるからいわゆるすき焼きにはなってないかと思います。
 
よそではどんな風に牛肉を食べてるのかなと書いていて気になりました。
 
そして最近、仔牛のカツレツ食べてない・・・。食べたいなあ・・・。
 
 
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ↑ 上の青い文字のにほんブログ村がランキングのボタンです。