〜 blancのひとりごと

ナチュラルに年を重ねる〜私が”ゆるーく”実践している10つのこと〜

日経新聞の記事です。

www.nikkei.com

 

どんな風に年を重ねたいかはそれぞれ意見が分かれるところだと思います。

 

年の重ね方〜私の理想〜

・年齢相応

・外見は見苦しくなくならない

・若作りではない

・ 体内も”きれいに”老いる

 

今までは圧倒的に実年齢より若く見られていました。

最近は不明。

 

年の割に&お手入れも雑な割に、シワは少ないと思います。

 

私の苦手な努力

あくまで、”私が”苦手(=採用しない努力)であって、各自の努力は各自の自由です。

 

サプリメントに頼る(多用する)

・美魔女的若さの追求

 

例えば南雲先生の本は、理屈は分かるけど、時に”そこまでしなくても・・・”と感じます。

 

xbrand.yahoo.co.jp

 

私が”なんとなく”実践している10つのこと

 

1:体を冷やさない食品を意識する

①生姜は体を温めます。

半身浴時の生姜紅茶も効果的。 

 

②精製された食品をなるべく避ける。

白米より、玄米や胚芽米。

白砂糖より甜菜糖。(砂糖はほぼ使いません。)

お塩も天然もの(Naclは避ける)。

パンはあまり食べない(小麦粉)。

 

あくまでゆるいので、排除ではなくできるだけというレベルです。

 

体を冷やさないお砂糖。

私の大好きな北海道のお砂糖です。

www.tensaito.com

(春にバナナマフィンを焼いたきりで使っていません。日常の料理には私は砂糖はいらないみたいです。)

 

2:腸内環境にいいこと

①お肉を採り過ぎない。

もともとお肉をそんなに欲しません。

肉食は”なんとなく”腸が老いる気がして控えめ。

どちらかというと魚が好き。

(これはお肉をそんなに食べない父の影響かと思われます。ちなみに父の日が当たっていない部分の肌は赤ちゃんのようにきれいで70歳を超えているとは思えません。)

 

「胃腸は語る」の新谷先生の本を読んだ記憶ですが、

二本足(=鶏肉)は週1回、4本足(=牛肉や豚肉類)は月1回くらいでいいと昔読みました。

www.amazon.co.jp

 

とはいえ、外食が多いとそうもいかないことも多く、私の実践はゆるゆる。

でも肌がきれいな父を見ていると「お肉より野菜中心がいい」ことを実感できます。

 

②お菓子を食べるなら、果物+ヨーグルト

もともと甘いものはそんなに要らない。

でも時には食べたくなります。

ケーキは買うと、最初の一口二口はいいのですが後半辛くなり買ったことを後悔することが多く、だんだん買わなくなりました。

ヨーグルトは腸に良さそう。

(でもいわゆる健康系ではなく私が好きなのは”小岩井生乳ヨーグルト”

あくまでゆるい私です。)

好きなのは、りんご煮やバナナの組み合わせ。

 

3:”錆びない”ように酸化に注意

母がよく”酸化したものは体に悪い”と言っていました。

注意すると言っても使う油などです。

ドレッシングには亜麻仁油を使用しています。

(市販のは味が濃いので買いません。そもそも野菜は温野菜中心。)

 

こちらの本にも出ていた気がします。

亜麻仁油は、オメガ3が豊富!

www.anonima-studio.com

 

古い油は酸化しているので使いません。

 

4:大豆が大好き

結果的に体に良さそうだからいいのかなと思っています。

お豆腐や湯葉が大好き!

特に揚巻ゆばを薄味で煮たのは大好物。

揚巻ゆば(20個入り) | ゆばのお店たまのや

もうなくなったのでまた買いたいと思います。

 

5:魚はできるだけ丸ごと

これも母に言われていたこと。

大きな魚(=切り身になってしまう)より、「頭から尻尾まで全て食べられる魚がいいのよ」と言われていました。

 

父が無類のマグロ好きな為(実家にいた頃は、毎晩マグロ。)、マグロは別にして、我が家で小さな頃からよく食べているのは、青魚。

 

・イワシ

しらす干しも美味しい。

そして、イワシは塩焼きか煮るか、一番好きなのはつみれです。

私も自分でおろしてつみれにします。

 

・アジ

お刺身が一番好きです。次はアジフライ。

 

・サンマ

これは塩焼きか干物が多い

 

・鮎(川魚ですね)

塩焼き。でも今後コンフィを作ってみたい。

 

血は争えず、私もマグロは結構食べます。

鉄分が豊富な気がしていますが、きっと頭髪の水銀濃度は高くなっていそう・・・。

 

6:野菜は温野菜中心

不足しがちだけど、とにかく摂取する努力をしています。

食べるときは、温野菜。サラダは滅多に食べません。

生で食べるときは、前術の亜麻仁油のドレッシングか、少しの塩だけです。

(それか何もつけない。)

 

7:薄味

濃い味付けが苦手です。

薄味=結果的に塩分を控えることになります。

でも私はここもゆるゆる。

なんとなく欲したら、いつもより多めにトマトに塩をふったりもします。

 

8:ポリフェノールを摂る

ワインを飲む口実にもなります。

自宅ではほぼ和食。凝った料理はしないので白ワインと合わせることが多いです。

こんな嬉しい記事がありました。

wooris.jp

デトックス効果あるんですね。気分良く飲めそうです♡

 

 

9:サプリメントは飲まない

 

これは単なる主義です。

人工的な方法で摂取したくないだけです。

栄養は不足したとしても”食事”で採りたいです。

 

 

10:バランス&体の声を聴くこと

一番大事にしていることかもしれません。

甘いものが食べたくなったら、食べる。

しょっぱいものが欲しくなったら食べる。

シンプルなことですが、

・毎日これを食べる

とか

・塩分は1日◯gまで

とかそういうことはしていません。

 

何事もバランス&ストレスフリーなことが一番!と考えています。

 

両親に感謝したい

世の中で健康にいいと言われるものが苦になりません。

というより、自然とそうなっています。

 

これは小さな頃から、なるべく自然なもので育てくれた両親のおかげです。

子供の頃、私がどんなに泣き叫んでも、絶対に私に甘いものを食べさせなかった母。

当時は悲しかったけれど、虫歯もなかったし歯医者での怖い経験は人生でありません。

「乳歯で虫歯になると歯並びが悪くなるから」と徹底してくれていたそうです。

おかげで私は矯正していないのに、歯医者さんに褒められる歯並びの良さです。

 

肌荒れに悩まされたこともありません。

 

大人になった時のことを考えて育ててくれた両親に感謝しています。

 

(ですが・・・当の母は甘いものが大好きで、今和菓子やケーキをよく食べています。

きっと若い頃は私の為に我慢していたのでしょう。ありがとうと言いたいです。)

 

体を冷やさない”冷えとり”&楽しいことを沢山実践する

 冷えとり生活も、ゆるゆると取り入れています。

そして楽しいことは、心にも体にもいいですよね。

ということで、今日は遊んできます!!

前から行きたかったイルミネーションを見てくる予定。

 

冷えとりについても、また記事にしたいと思います。

 

皆様もよい週末をお過ごし下さいね。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

↑ 上の青い文字のにほんブログ村がランキングのボタンです。