〜 blancのひとりごと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家計管理をシンプルに~食費などの記録をやめます~

マネー

今年、「支出を把握してみよう」と思いました。

 

毎月家計簿をつけている人からしたら、信じられないことかもしれませんが、今まで家計簿をつけたことはありません。

 

感覚で管理していました。

 

1年間支出の記録をしてみた結果、来年はやめることにします。

 

 

 

家計簿はExcelとマネーツリーの併用

 

家計簿をつけるといっても、私のやり方はざっくりです。

 

【目的】支出の把握

 

【方法】使ったお金を記録する

 

以上です。

 

お財布の残高と家計簿の収支残高を合わせるということはしていません。

また貯金の目的額もありません。

 

貯金は2段階で (給与から先取りします)

「予算を決めて管理して、目標額を貯める」

これよりも「先に貯めてしまう」のが私の方法です。

 

コツコツとか資金移動は面倒なので、シンプルに2段階です。

 

①給与から強制的に引き去る

 →基本、非流動資金として「使えない」ものとして貯めます。

「最初からない」ことにするのです。

 

②振り込まれた給与から、一部貯金。

 →これは、住信SBIネット銀行の「定額自動入金サービス」を使います。

 

手数料無料で、

・毎月

・決まった額

を、指定した自分名義の口座(私の場合、給与振込口座)に自動的に資金移動してくれます。

金額も随時変更可能で、とっても便利です。

 

残った金額の範囲内で生活すればOK

 

上記2段階目の貯金は、「流動資金」として念の為に貯金しています。

いざ、という時にまとまったお金がないのは心配です。

 

上記2段階を経て、手元に残した金額が私の生活費。

だから、「手元に残った範囲内で生活できたらOK」ということにしています。

 

気にしなくていいので、楽です。

(すでに自分が貯めようと意識している分は貯蓄にまわっているので残った分くらいは気ままに使いたいと思います。)

 

無駄遣いをしなければ、余剰分が少しずつ増えていきます。

 

生活費の管理

 

生活費にミシン目は入れていませんが、「何となく」あります。

この何となくを確認したく、支出を記録することにしました。

 

記録しているのは、

 

・食費

・交際費

・上記以外の買い物(書籍、ワイン、日用品など)

・レジャー費

・医療費

などです。

 

固定費は、

・光熱費

・新聞代

・管理費

・保険料

などがありますが、これは「マネーツリー」というアプリで管理できるので記録はしますが忘れても大丈夫。

 

光熱費も、水道代はあまり変動せずガス代と電気代は夏や冬に上がるというある意味当たり前の結果です。

 

マネーツリーについてはこちらの記事に書いています。

nuage-blanc.hatenablog.com

 

食費の記録をやめます

 

1年記録をしてきて、私のかかるお金が分かりました。

よって食費は記録するのをやめます。

 

理由は、以下の通りです。

①記録が面倒

②記録してもしなくても使用する金額は変わらない

 

私の飲んだり食べたりはだいたいこんな感じです。

f:id:nuage_blanc:20160604091350p:plain

 

食費は後から把握可能

 

先ほど紹介した「マネーツリー」で、食費や書籍、ワイン代の把握は可能です。

 

マネーツリーは、カード利用や口座振替されたものが把握できるのでリアルタイムとはいかないまでもほぼ支出が把握できるとても便利なものです。

 

食材もほとんどSuicaで買っているので後からSuicaの履歴などで把握可能。

 

ワインや書籍もカードで買えば把握可能。

 

現金使用のみ、その場でアプリに入力すればそこも管理できます。

昼食代が現金使用が多いので毎日それだけ入れたら分かります。

(でも、Max1,000円くらいと分かっているから入れなくても影響はなし。)

 

現金をあまり使わず、カードかSuicaで支払っているので利用履歴も把握できるのです。

便利な世の中になりました。

 

無駄使いを減らす 

 

無駄遣いを減らすことは、節約とも違う。我慢とも違う。

必要ないものを買わないだけ。

 

そう考えたら、だいたいの支出が把握できたし、感覚とほとんど違わなかったので、支出の記録に費やす時間を削減します。

 

自分の傾向が改めて分かったので、来年は家計管理をシンプルにします。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

↑上の青い文字のにほんブログ村がランキングのボタンです。