〜 blancのひとりごと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今更手に取った漫画~神の雫~

先日のワイン会。

出てきたワインがほとんど、漫画「神の雫」に出てきたワインでした。

全巻揃えると高いですね・・・!!

ワインは飲むのは好きでしたが、長年ただ飲んできただけですので、この漫画も聞いたことはありますが読んだことはありません。

友達が貸してくれました

神の雫」は読んだ事がないので、紹介されていても正直不明。

そこで友達に「神の雫は読んだことないから、そこについての説明はよく分からなかった。」と話したところ、17巻までを古本屋さんで購入して貸してくれました。

漫画を読むのも相当久しぶりです。

ちなみにお酒を飲まずワインも興味ない友達は、貸してくれる前に読んだそうですが、「ワインの説明は面倒」と言っていました。

少し読み始めて

面白いですがワインの説明のところは確かに面倒(笑)

結構とばしちゃったりして、勉強になってないかも。

私はやっぱりただ楽しく飲むのが向いているのかもしれません。

気づいたこと

これからまた変わるかもしれませんが、今の私が興味があるのは、

・自分が飲んだワインがどんなものなのか

・ぶどう品種や産地

・ワインによる特徴

といった基本知識なのだと面白いました。

それがあれば、美味しいワインを飲んだ時に記憶が定着しやすいと思うのです。

長年飲んでいるので、ある程度の知識はあるはずですが、フランス(一部ドイツ)ばかりで他国の知識はまだまだです。

世界にはいろんなワインがあるので、少しずつ広げていきたいと思っています。

(というわけで最近イタリアやカリフォルニア、日本のワインもたまに買っています。)

でも、今のところやっぱりフランスワインが好きで、ついそればかり買ってしまいます。

今の日常にブラインドテイスティングはいらないのかも

そもそも飲みたいと思うワインを選んで買うので、ブラインドテイスティングはしないですよね。

「選ぶ」為に「ワインを知る」ことは大切。

そうすれば、ある程度「自分で選ぶ」ことができます。

一方でお店にいらっしゃるワインエキスパートさんに聞いて買ってもいいのです。

ただその時にも基本知識はあっても、邪魔にはなりません。

だから、「神の雫」のワインの描写の段階にまだ私は至ってないのですね。

とはいえ、漫画自体は面白いし、基本的内容も織り込まれているし、名前くらいはほとんど分かるので、寝不足にならないよう、ゆっくり楽しもうと思います。

お友達に感謝です♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

↑上の青い文字のにほんブログ村がランキングのボタンです。