〜 blancのひとりごと

旬のアイテムの取り入れ方〜流行が自分の定番と違う時〜

今、ワールドで「エコロモキャンペーン」中です。

 

ブランド問わず、1枚につき1,000円分のクーポンと引き換えできます。(最大15枚)

 

理想は「15枚手放し、15,000円以内の服を1枚だけ買う」

そうすれば、衣類の総量は減って持ち出しなしで服が1枚新調できます。

 

でも・・・。

 

 

百貨店内を見て回ってみました

 

先日、ちょっと時間があったので百貨店を見て回りました。

基本的に欲しいものがある時にしか行かないのですが、オフの服をどうしようかなと思っていたからです。

 

色は、キャメルやグリーン、赤、が目につきました。

そしてロングカーディガンとコーディガンが目につきました。

 

流行っているんですね・・・。

 

全てが流行一色になりがちな日本・・・

 

かなり昔・・・の記憶ですが、ブラウンが流行った頃があり、秋冬物が全然買えない時期がありました。

私の定番は、紺。

本当に欲しい服がなかった年が数年続きました。

 

アイテムも流行ると「そればかり」になってしまう気がします。

 

「定番で基本的な色やスタイルも品揃えとしてある」というのが理想なのですが難しいです。

 

私なりの勝手な見解〜やっぱり日本は和服文化だったから?〜

 

定番で基本的な色やスタイルも品揃えとしてある」と書きましたが、そもそも日本における「洋服の定番・スタイル」って何だろう??と思いました。

 

そもそも、ヨーロッパなどの諸外国と比べて日本自体は、

・洋服になってからの歴史が浅い

・四季がよりはっきりしている(気候が違う)

という側面があって、定番の洋服ということ自体がさほど定まっていないのかなあと感じました。

 

和服には(そんなに詳しくありませんが)、「格」や「生地」など細やかなルールが存在しています。

けれども洋服に至ってはそういうものはまだ構築されていないなと個人的に思いました。

 

 

今年の旬のスタイルは、私には難しい・・・

 

残念ながら、今年流行りのキャメルも、コーディガンも取り入れるには厳しそう・・・というのが結論でした。

 

コーディガン自体は可愛いのですが、手持ちのアイテムと合わせるのに限界を感じます。

その為にコーデネートして他のアイテムを揃えても、「出番は少ないし飽きてしまう」と思いました。

流行は素敵だけど、取り入れずぎるとクローゼットの秩序も崩れていきます。

 

謳い文句の「コートを着るまでもないけれど、でもちょっと寒い」時には、私は普通のカーディガンかトレンチコートを着るしかないと思いました。

 

プチプラで試すという選択肢も、少しちらついていますが過去あまり成功していません。

 

よって「今年は取り入れない」可能性が高いです。

 

もし、

・比較的シンプル

・デザインが気に入って(今の所これ!というのは見ていません。)

・色もベスト

・素材感と私の身長とのバランス

などで「ときめく」一着があれば買うかもしれません・・・。

 

着てみたいけれど、もう少し様子見です。(そして真冬が来てしまえば「忘れてしまう」かもしれません。)

 

 

断捨離のいい機会!

 

エコロモキャンペーン」自体は、服を減らすいい機会なので、さらに減らせないか考えてみます。

 

仕分けした中で対象があれば「ブランディア」も活用しようと思います。

 

お友達紹介キャンペーン

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

↑ 上の青い文字のにほんブログ村がランキングのボタンです。