〜 blancのひとりごと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い切って買った大きな家具♩

ず〜っとず〜っと迷っていた家具を買いました。

 

シンプルライフを目指して、モノを減らしたり、減らした後お気に入りのモノを買ったりしている過程で、長年ずっと欲しくて悩んでいたベッドがやっぱり欲しくなりました。

 

それはベッドです。(気に入ればすぐ買ってしまう私にしては、相当長い期間買わずにいたモノです。)

 

買ったら、とても楽しみになって待ち遠しいです。

 

 

買えなかった理由

 

以前にも書きましたが、

 

◆あまり大きな家具は持ちたくなかった(引越し前提)

◆気に入ったものがなかなかなかった(とにかく重そう)

 

というのが一番の理由です。

 

周りに相談してみました

 

今回は、「いいな」と思ったものがあったので、まずは母に相談しました。

(いつもだいたい、ダメだしをもらいます。)

 

ゆくゆく私の家に置くか、実家に置くか分からないので、実家にも合うのがいいと思ったからです。

また、先日2525さんのブログで「あまり使っていないモノを処分するか悩んだ時は相談する」という記事を読み、

 

処分ではないけれど、「私も相談してみよう」と思ったのでした。

 

相談すると、自分がどうしたいのか分かってくる。

 

今までは「ベッドが欲しいけど、どう思う?」というような漠然とした相談だったように思います。

 

今回は具体的にどれが欲しいかを見せて聞きました。値段も当然明らかにしました。

 

すると意外にも、母は「いいと思う」という回答。

私は反対されると思っていました。

 

この他、数人の仲良しに聞いてみました。

 

当たり前ですが、相談していると自分の気持ちも見えてきます。

 

話している過程で「あ、今私はこれが欲しいんだな」って思いました。

 

 

それでもまだ迷う→なぜ悩むのか整理する

 

◆ベッドだけで(マットレスなし)結構高いから→「いいのかなあ・・・。」と悩む。

◆大きい家具を買うのに抵抗があるから。

 

突き詰めていくとこの2つでした。

 

友達の言葉・・・「予算は?」

 

話しているうちに、ある友達に「予算は?」と聞かれました。

 

「予算」・・・私はベッドに関してあまり明確な「予算」を持っていませんでした。

というより、いろんなモノに「予算」という考えをあまり持っていません・・・。(と今更気づく。)

 

欲しいモノがあっても「予算オーバーだから妥協する」のであれば、「買わない」です。

 

だから、この長い時間、買わずに来たというのもあります。

 

逆に言えば、「どうしても欲しいモノ」で「とても気に入ったモノ」なら予算はないのです。

(ない場合は無理して買わないわけですから・・・)

 

 

 

そう思った時、

 

◆予算はない(そして、今この金額は「出せる」)

◆このベッドは欲しい

 

とスッキリして、

 

また、断捨離視点で言えば、

 

◆いつか引っ越すのに重たいから→「未来」軸

 

だな、と思いました。

 

 

長くなりましたが、こんな思考の段階を経て購入に至りました。

 

受注生産だから届くのはもう少し先ですが、お気に入りのベッドで、いい睡眠をとりたいを思います。

 

どこに、どう置くかレイアウトを考えるのも楽しみです。

 

そして、このベッドで使う寝具類を、さらに吟味して少なくしていこうと思っています。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

↑ 上の青い文字のにほんブログ村がランキングのボタンです。