〜 blancのひとりごと

ぼくたちに、もうモノは必要ない

前から気になっていました。

どうしようか迷いつつ、3回悩んだのでhontoの50%OFFクーポンで電子書籍で購入しました。

以前は電子書籍は好きではなかったですが、このようにしばらく繰り返し読みたいと思う本は電子書籍

こんまりさんの「片付けの魔法」

やましたひでこさんの「仕事に効く断捨離」なども電子書籍で持っています。

空き時間にすぐ読める。

自分にリマインドするのに最適なのです。

この本も移動時間に読んでいます。

まず前書きを読んで、

3章 捨てる方法最終リスト55!

から読み始めました。

まださらっと読んだだけなのですが、1番腑に落ちたのは、この文章です。

ぼくが思うミニマリストは、ただ他人の目線だけを気にした「欲しい」モノでなく、自分が本当に「必要」なモノがわかっている人。大事なものが何かわかっていて、それ以外を「減らす」人のことだ。

何が「必要」か、何を大事」にするかというのは人によって違う。

私が思う定義と同じでしっくりしました。

今私が感じているのは、

きっと自分に「本当に」必要なものは、自分が思うほど多くはない。

ということ。

モノが多いと余計なノイズがあって、必要なモノが分かりにくくなってしまう。

この本を読みながら、捨ててもいいかなと思うモノがいくつか頭をよぎったので、5回よぎったら捨てます。

最後に。

この本には、私の好きなおふみさんのお家も紹介されていました。

おふみさんのお家のテイストは私の好みとは異なるのですが(おふみさん、ごめんなさい)、おふみさんのイラストやブログは楽しみで読んでいます。

イラストは丁寧で色使いもよく見るのが本当に楽しみです。

心地よく生活されているのが伝わってくる好きなブログです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村