〜 blancのひとりごと

人間の分際

ちょっと読んでみたいと思った本です。

こちらのレビューだと厳しい意見も多いです。

レビューの中に、

「努力は報われなくてもやはりするべきだと自分は思うのでその点では相容れないものがあります」というのがありました。

まだ本を読んでいないので分かりませんが、以前この方の本を読んだことがあったので思うに・・・

曽野綾子氏は「努力をしなくていい」と言っているわけではないと思うのです。

自分が最大限精一杯努力しても報われないこともある。

(この場合の「最大限精一杯」はあくまで個人差があって、本人がどこまで頑張ったかであって、他人から見てどうこういう基準ではないです。)

そんなとき、「自分はだめだ」とか「努力は必ず報われるからもっと頑張ろう」

と思うことだけではなく(もちろんそれでさらに努力して結果が出ればそれもよし。でもどうしてもだめな事態に陥ることが人生に起きることもあるのだと思うのです。)

そんなとき・・・

「他の道もあるよ」

ということをおっしゃっているのではないかなと思いました。

私は著者でもないので解釈は正しいと思って書いていません。

本は読んだ人各々の理解や解釈があって、何が正しくて何が間違っていると決められるものでもないと思います。

ただ冒頭のレビューが「私は違う見解を持った」ということです。

タイトルが「人間の分際」ってすごいですが読んでみたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする