〜 blancのひとりごと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネット銀行の活用

マネー

友達が、住宅ローンの引き落とし口座と給与振込口座を同じにできなくて、毎月資金移動をしています。

それって面倒くさがりの私には本当に無理。忘れて残高不足~なんてことがありそう。

昨日、メインバンクの一つのネット銀行に「振込入金がありました」と通知がありました。

先日、本を買い取りに出したので、そのお金かと思ったら違いました。

⭐︎ちなみに私が本の買い取りに利用しているのは「買い取りアローズ」さんです。

メジャーなブックオフさんでない理由は以下2つ。

①宅配のダンボールが無料(ブックオフさんは200円だったかな。違ったらごめんなさい。)

②買い取り点数の条件がない(ブックオフさんは古本は20冊からだった。)

20冊以上も溜め込むことはないので、思いついた時にさっと申し込んで数冊でも買い取ってもらえる。

高く買い取りとかにはこだわってない(=ただ捨てても0円だけど買い取ってもらえるならそれでOKなのです。)のでこちらを利用しております。

捨てる本が少ないけど、買い取りを検討されたい方にはいいと思います。

参考書なども買い取ってもらえます。

話が逸れてしまいました。

「振込入金」の話でした。

その振込入金は、先月から私が申し込んだ住信SBIネット銀行の「定期自動預入サービス」のものでした。

詳細は割愛しますが、私が申し込んだサービスは、

①一定の期日に

②別の地銀(=給与振込口座)から

③一定金額を

住信SBIネット銀行資金移動する

というものです。

もちろん手数料は無料

つまり、地銀のATMでお金をおろして、住信SBIネット銀行にお金を預けるということを無料で勝手にしてくれるサービスです。

今は地元を離れているので、地銀のATMは基本手数料がかかります。

(一応、一定のサービスを利用して、月5回まではコンビニでも無料なように手当てをしております。)

住信SBIネット銀行なら、

SBI証券と連携するハイブリッド預金なら金利はたいていの銀行の普通預金より高い。

②ハイブリッド預金からはATMで引き落としができないので、万が一キャッシュカードを落としても普通預金からしか引き出しできない。(私は普通預金に最低限の10万円しか入れていない。)

③ハイブリッド預金と普通預金の資金振替もネットですぐにできる。もちろん手数料は無料。

(今はほとんど現金を使わないのですが、それでもたまに必要な時には現金を普通預金から出します。その補填をすぐにしておきます。)

無料で使えるATMがこんなに充実している。

⑤他行への振込手数料が月3回まで無料。

⭐︎ちなみに、大和ネクスト銀行もまあまあと比較記事にはありましたが、私は時間帯を覚えるのが面倒です。

(しかも証券会社が違うので。)

特に④ですが、コンビニでも月5回、セブンイレブンイオン銀行JR東日本ビューアルッテは24時間365日無料なので私にはこれだけあれば十分です。

⑤も月3回までなら十分私の頻度に耐えられます。

ということで、本当は給与振込口座を住信SBIネット銀行にしたかったのですが、今の給与振込口座の地銀がクレジットカードの引き落とし口座になっているので変更するのが面倒。

そこで必要金額だけを残し、一定資金住信SBIネット銀行に移動することにしました。

Suicaで買い物して、大きいものはクレジットカードなのでほぼ現金はいらないし、お金を持っての移動も嫌なので今は快適です。

通帳に記帳されないと嫌だ、とか、自分でしっかり管理したい、など好き好きだと思うのですが、私はここの銀行を使い始めて、とても快適になりました。

ネット銀行に抵抗が少ない方なら使えるサービスだと思います