〜 blancのひとりごと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でブログを書いているのだろう

最近、「何でブログを書いているんだろう」と思う。

 

私の場合、日記だから、突き詰めてみると

・別に誰かの役に立つわけでもない。

・とても有用な情報を載せているわけでもない。

・日記ってそもそも人に見せるものなのか?(人それぞれ日記の定義は違うと思います。)

・日記ならノートに書けばいいよね。

 

などなど。よく考えてます。

 

 

そして、残念ながら「(私の場合は)別に書かなくてもいいんじゃないのかなあ」という結論に毎回達します。

 

 

そして、そうなると次に考えるのは、

 

「ブログを止めるのはどうするのかな?」

 

ということです。

 

(方法は分かっている。。。と思う。ただアカウント削除したら本当に消えてくれるのかもちょっと不安。)

 

ある日突然いなくなっても、誰も困らないし、いいんですが。

 

・「いついつ、やめますね」って宣言して止めるものなのか・・・

・ある日突然閉鎖するものなのか・・・(見てくださっているほんの少しの人に失礼かな、とか。)

・更新しないで放置なのか(これは選択しないと思うけど・・・)

 

そんなことを考えて結構経ちます。

 

1年経って、飽きっぽい性格なので「書くことに飽きた」のかもしれない・・・。

 

こんな記事を読んだりして。

一番近いのは、「どうでもいい自分の生活を・・・」の人かな。

バカバカしいというのとはちょっと違うけど・・・「目的」が曖昧だからだと思います。

 

 

日記だから、意味はないんだけど、やっぱり「日記って人に見せるの?」というそもそものところなんだと思います。

本当は、写真の日記にしたかったけど今は撮ることがなかなかできないし・・・。

 

どうしようかなあ。