〜 blancのひとりごと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロ秒思考

「ゼロ秒思考」

hontoで、全書籍40%OFFだったから購入しました。

まだ、サラーっと斜め読みなのでちゃんとまとめられてないですが、とりあえずこんな本。

・ゼロ秒思考は、思考の「質」と「スピード」双方の到達点。

・ゼロ秒思考は、生産性を高めるだけでなく、心のコントロールにも役立つ=ストレスフリー。

・ゼロ秒思考の過程にある思考の「質」と「スピード」を鍛えるのに有効なのは「メモ書き」

という3行では簡潔すぎるのでもう少し補足・・・。

◆「ゼロ秒思考」とは

ゼロ秒思考とは、思考の「質」と「スピード」の双方の到達点。

(考えを深め、そのスピードが早くなると究極はゼロ秒思考に到達する。)

①思考の質

・考えを深められるようになると、迷いがなくなる。

・心のコントロールができ、不安や恐怖がなくなり前向きになれる。

②思考のスピード

・迷いがなくなると、瞬時に判断と行動ができる。

・気持ちを的確に言葉にして、考えを深められるようになると、どんどんスピードアップして生産性が上がる。

思考を深め、判断のスピードが上がることで、上記の様な効能がある。

その思考の深さとスピードの究極がゼロ秒思考であって、その過程にある「考えを深める」ノウハウについて詳しく書かれている。

◆ゼロ秒思考はメモ書きで身につける

①メモを書くと自意識が取り払われ、素直に物を考えられるようになる。

②ゼロ秒思考を身につける最短・最良の方法がメモ書き

◆メモ書きの効能

メモを書くと、

①アタマが整理される。

②なんとなくできていたこと=暗黙知が、はっきりと形になり形式知化する。

③自身が出てポジティブになる。

④腹が立たなくなる。

⑤急成長できる。

◆メモ書きの方法

①A4の紙を横書きに使う。

ノートではなく、1枚の紙。

②左上にタイトルを書いて下線を引く。

③右上に日付。

④メモは、4行~6行。1行は20~30文字。

1行は短すぎてもいけない。何故なら考えが深まらないから。

このメモを1枚1分、1日に10枚書くと考えを深めることができ、継続により考えるスピードが高まる。

つまり、思考の質とスピードがどんどん上がり、ゼロ秒思考に到達する。

・尚、著者はこの方法をしっかり守って欲しい、と訴えている。

慣れてくると自分なりに工夫を凝らす人が出てくるが、上記の方法が最短・最良であるのでまずはこの方法で書き続けてほしい、とのこと。

・書くスピードには筆記用具も重要。

シャープペンはオススメしない。

著者のオススメは、パイロットVコーン直液式ボールペン。

というのが大まかな内容です。

メモ書きがゼロ秒思考到達への重要な過程なので、メモの書き方についてはかなり詳しく書いてあります。

やってみたいと思いながら、A4の紙がない

そこからかも。

広告を非表示にする