〜 blancのひとりごと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり

自然

やっぱり重かったカメラ。

持っての登山は厳しく、撮りたい高山植物はほとんど撮れなかったです。

目指した唐松岳高山植物の宝庫。

北アルプス白馬岳の近くの日本300名山の一つ。リフトを2つ乗り継ぎ、八方池を臨み八方尾根を経て山頂を目指します。

途中急登で写真を撮る余力もなく残念でした。

これもiPhone

高山植物の女王コマクサです。

唐松岳

アルプスの入門編にいい山、と書いてあったけどきつかった~。

可憐な花々を横目に登るしかなく。

さて。

少し遡り、リフト乗り場にある看板。

八方尾根ルート。

リフトを乗り継ぎ、唐松岳頂上直下にある山荘を目指しました。

さらに遡り、黒菱というリフトに乗る場所に向かう林道。

空に続く道のようです。

そして、また一気に進んでようやく着いた山荘。

いきなり着いたようですがここまでに八方池や八方尾根を登ってきました。

辛かった(◞‸◟;)

何度山をやめようと思ったか。

ここはカメラで撮りましたがスマホを使い分ける気力はなく。

スマホに写真がありません。

夕飯前に山荘に荷物を置いて、唐松岳頂上を目指します。

ここもカメラなので写真なし。

戻ってきて17時10分が夕飯。早いです。

白米が美味しかったです。

おかずは、山の上だし贅沢は言えません。

朝ご飯。

山荘の中。

山小屋は当然石鹸や歯磨き粉も使えないから、下山するまではちょっと大変ですが、高い所は下界と違う風景が広がり、それが山の醍醐味だなぁと思います。

7時には消灯。

カメラで撮った写真は、上手く撮れたかすら不明。ペースが乱れるから吟味をしている暇もなく。

練習が必要だと痛感。

帰宅したら整理します。

今回、山に一眼レフは無理だなぁと思いました。皆みたく首にかけると重いし、岩場とか手を使うから前のカメラがプラプラすると邪魔だし[emoji:v-406]

もっと軽量のじゃないと厳しい(◞‸◟;)

登った日の朝焼け。雲のカーテンみたい。

帰りの中央高速。

山の中のラブレター。

初めて見たときはビックリしました。

走っているから撮るの大変です。

広告を非表示にする